top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

衝撃の“隠し球”事件が勃発! ヤバすぎるドジャースファンに全員が騙された 敵チームのホームランボールをめぐる“トリックプレー”に騒然 「元木かよw」「無駄に用意周到」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース3-6パドレス(4月14日・日本時間15日/ロサンゼルス)        

【映像】ヤバすぎるファンがホームランボールをキャッチした瞬間

4月14日(日本時間15日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、パドレスの主砲マニー・マチャドが放ったホームランボールを巡り、ドジャースファンが行った“まさかのトリックプレー”が、ネット上の野球ファンの間で大きな話題となっている。

0-0、両チーム無得点のまま迎えたこの試合の4回表・パドレスの攻撃。この回先頭の4番マニー・マチャドは、カウント1-1からの3球目、パクストンが投じた外角やや高めのストレートを豪快に振り抜くと、打球はセンター方向へと高々と舞い上がる一打に。打った瞬間、マチャドは手応えを感じたのか、バットを持ったまま打球方向を眺めつつ歩きはじめると、その間にも伸び続けた打球は、ほどなくセンター左、多くのドジャースファンが集まる一角へと着弾することに。

しかし、前述の通り、マチャドの一打が飛び込んだのは、多くのドジャースファンがひしめきあうエリア。そのため、差し出したグラブでこの打球を見事にキャッチしたドジャースファンの男性は、キャッチするなり、慣習に倣う形で、すぐさまこのホームランボールをグラウンドへと投げ返し、周囲のファンを喜ばせることとなったが、この男性の姿をよく確認すると、男性はグラブにマチャドのホームランボールを挟んだままで、隠し持っていた別のボールを取り出し、あたかもそれがホームランボールであるかのような体で投げ返していたことが判明。すぐさまこの見事な“トリックプレー”が、日米のファンの間で注目を集めることに。

広告の後にも続きます

自分の近くにホームランボールが飛んでくることに備える形でグラブを用意しているファンは少なくないものの、まさかすり替え用のボールまで用意しているケースは稀とあって、この光景を目の当たりにしたネット上の野球ファンからは「まさかのすり替えw」「このおっさん手品師かよw」「そら敵のチームでもホームランボールは欲しいわな」「無駄に用意周到www」「今回使うまでずっとこのボール忍ばせてたってことやろ?すげえなw」」「元木も真っ青のトリックプレーやなw」「誰一人疑ってなくて草w」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル