top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ボローニャに痛手…ファーガソンが右ヒザ前十字じん帯損傷で今季絶望に

超ワールドサッカー

ボローニャは15日、スコットランド代表FWルイス・ファーガソンが手術を受けることを報告した。

ファーガソンは、直近に行われたセリエA第32節のモンツァ戦の後半に右ヒザを負傷していた。

その後の検査の結果、右ヒザの前十字じん帯を損傷していることが判明。これを受け、同選手は今後手術を受ける予定だという。

全治に関しては手術後に改めてアナウンスされる予定だが、『フットボール・イタリア』はこの類のケガでは通常6カ月程度の離脱を要すると報じており、今シーズンの残りの試合に加え、今夏にスコットランド代表として出場予定だったユーロ2024の欠場も決定的となった。

重傷で長期離脱の決まったファーガソンは、自身のインスタグラムで以下のようにコメントしている。


「この知らせにはショックを受けているが、人生とはそういうものだ。僕は前よりももっと強くなって戻ってくるために全力を尽くすよ。応援ありがとう。また会おう」

ミランvsローマの同国対決など
WOWOWでライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル