top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」

テニス365


記者会見に登場したナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)にワイルドカード(主催者推薦)で出場する元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)が大会前の記者会見に登場し「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」と明かした。

>>ナダル、西岡 良仁らバルセロナOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒ら WTA250ルーアン組合せ<<

37歳のナダルは今年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で約1年ぶりにツアーに復帰し8強入りしたものの、同大会で左脚を負傷。その後、公式戦の欠場が続いている。

過去12回の優勝を誇るバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル1回戦では、世界ランク62位のF・コボッリ(イタリア)と対戦する。

「この大会にはたくさんのいい思い出がある。残念ながらここ数年はここに来ることができなかった。でも今回は幸運にも、直前の決断でここに来ることができた。この1週間のトレーニングは、すべてにおいてポジティブなものだったと思う。明日はコートに立つよ」

「股関節の大きな手術をして、回復するのに1年くらいかかっ。そうなると、難しい。身体にはいろいろなことが起こるし、そのせいで思うようにスケジュールをこなせなかった。できるときはできるし、できないときはできない。大会を欠場するのは心苦しいが、それが現実だ。人生を通して僕に起こったすべての良いことを天秤にかけなければならない。キャリアのこの時点では、不幸かどうかは別として、僕は違う状況にいるんだよ」

「プレーできなかったことを悔やむよりも、ここにいることが幸せなんだ。個人的なレベルでは、バルセロナにいることはそれだけで僕にとっては贈り物だ。最後の年として、1秒1秒を楽しみたいんだ。そうすることで、すべてが少し特別なものになる。今、僕はそう感じている。先週、モンテカルロに行けなかったのは痛かったけど、幸運なことに今週は状況が良くなっている。明日プレーする準備はできている」

「これ以上、自分の準備について考える必要はない。状況はわかっている。何が起こるかわからないし、準備万端というだけ。でも、僕は現実的だし、ここにいるだけでエキサイティングだし、この大会、このコートでプレーできることが幸せなんだ」

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル