top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

紀子さま “異例人事”で狙う情報発信の主導権…囁かれる「愛子さま旋風」への警戒心

女性自身

紀子さま “異例人事”で狙う情報発信の主導権…囁かれる「愛子さま旋風」への警戒心(C)女性自身

生け花の作品を、感慨深そうな表情でご覧になっていた紀子さま。4月10日、都内で開かれていた「山村御流いけばな展」を鑑賞された。長女・眞子さんのお印だったモッコウバラなどを生けた作品を前に紀子さまは、

 

「心が癒されますね」
「荒々しい世の中だからこそ、こういった草花が皆さんの心を打つのではないでしょうか」

 

などと述べられ、満足そうなご様子だった。このご表情の背景を、皇室担当記者はこう語る。

広告の後にも続きます

 

「4月1日付の宮内庁人事で、秋篠宮家にとって大きな“戦力強化”につながる人材が事務方に加わりました。宮内庁の報道体制を担う報道室に長年籍を置いていたKさんが、新たに皇嗣職宮務官に就いたのです。Kさんは、一般職で採用されたいわゆる“宮内庁プロパー”。メディア各社の記者からも評判がよく、報道対応にかけては宮内庁随一といわれています。

 

また物静かで人当たりも柔らかく、すでに皇嗣職幹部や職員とも良好な人間関係を築いています。しかしKさんを起用した人事に、波紋が広がっているのです」

 

秋篠宮さまが皇嗣となられ、皇嗣家となった秋篠宮家。それにともない、お務めの補佐や日常的なお世話に携わる皇嗣職が新設され、かつての東宮職と同規模の職員を擁する組織となった。宮内庁関係者は内情を明かす。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル