top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「本当に特異な人格」人気女性コメンテーター ギャンブル依存症の水原容疑者への“持論”に批判続々「あまりに無知」

女性自身

「本当に特異な人格」人気女性コメンテーター ギャンブル依存症の水原容疑者への“持論”に批判続々「あまりに無知」(C)女性自身

「私個人の予測ですけど、大谷選手は非常に野球に集中したいと。メディアとかの対応も(中略)窓口を一つにまとめたいタイプなんだと思うんですね」

 

4月15日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、こう語ったのは月曜コメンテーターを務める信州大学特任准教授の山口真由氏(41)。銀行詐欺の疑いで訴追されたドジャース・大谷翔平(29)の元通訳・水原一平容疑者(39)について、私見を語った。

 

「水原容疑者は3月20日の韓国での開幕戦後、クラブハウスでチームに『自分はギャンブル依存症で大谷に借金を肩代わりしてもらっている』と英語で説明したといいます。その後、水原容疑者はホテルの会議室で大谷選手と話す機会を設け、大谷選手に『借金を肩代わりしたということにしてほしい』と“口裏合わせ”を懇願。しかし大谷選手はこれを拒否し、ネズ・バレロ代理人を会議室に呼びました。新たな通訳や水原容疑者の妻も話し合いに加わり、水原容疑者が解雇されたのはこの直後だったようです」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

 

番組では、1600万ドル(約24億5000万円)を大谷の口座から、違法賭博の胴元に不正送金していた水原容疑者の事件を特集。国際弁護士の吉田大氏は、大谷がすぐに連絡したのがバレロ氏だったことについて“異例”だと解説した。バレロ氏は大谷に呼ばれてから、危機管理担当や弁護士に連絡したとされている。

 

吉田氏は「このような場合、真っ先に連絡すべき人は、本来であれば個人弁護士だったと思います」と述べ、「このような緊急事態発声の時には、球団との交渉を任せているバレロ氏よりも、自分を守ってくれる自分の弁護士に連絡をするというのが通常だと思います」と語っていた。

 

だが山口氏は冒頭のように私見を述べ、水原容疑者についてこう指摘したのだった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル