top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

カナダの病院で医療従事者のサポート役として働く犬の「エンバー」 メンタルヘルスの関係を調査する研究もスタート

わんちゃんホンポ

病院で働く人々のメンタルヘルスを支える犬

病院で働く犬と言えば、治療中の患者さんの精神的なサポート役となるセラピードッグが一般的です。

しかし、カナダのオンタリオ州にあるケンブリッジ・メモリアル病院では、患者さんではなく病院で働く医師、看護師、スタッフ、ボランティアのメンタルヘルスのサポート役として働いている犬がいます。

この犬の名は「エンバー」。今年で4歳になるメスのラブラドールで2022年5月から同病院で働いています。

犬が来るのを楽しみに待っている病院のスタッフたち

エンバーは、カナダのナショナル・サービス・ドッグズという介助犬養成のための非営利団体で育てられ、認定された施設犬です。

この団体は自閉症スペクトラムの子どものための介助犬、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を持つ人のための介助犬、各種団体や施設で働く施設犬の養成や提供を実施しています。

広告の後にも続きます

ケンブリッジ・メモリアル病院は、ナショナル・サービス・ドッグズが提供する専用の施設犬がいるカナダで初めての病院です。

同病院には患者さんのために働くセラピードッグが2頭いますが、エンバーはセラピードッグではないので患者さんと接することはほとんどなく、病院のスタッフのためだけに働いています。

勤務中のエンバーは8時間のシフト中、さまざまなスタッフを訪ね歩きます。エンバーが疲れすぎたりストレスを感じたりしないよう、シフト中も何度も休憩や遊びの時間が取られています。

またエンバーを迎えるに当たって、複数の病院スタッフがハンドラーとしてのトレーニングを受けて、交代でエンバーの世話をしているそうです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル