top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『Destiny』石原さとみと亀梨和也が12年ぶりに再会 奏が新たな事実を知ることに

Real Sound

『Destiny』©︎テレビ朝日

 『Destiny』(テレビ朝日系)第2話では、西村奏(石原さとみ)が野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たす。

参考:『Destiny』田中みな実の破滅へ向かう演技の切迫感 大学生活で描かれた5人の友情と“苦悩”

 石原にとって3年ぶりの連続ドラマ復帰作で、亀梨和也と初共演する本作は、ドラマ『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)シリーズ、映画『涙そうそう』などを手がけた吉田紀子が、脚本家人生初となる“検事”の世界を舞台に紡ぐ完全オリジナルサスペンスラブストーリー。

 本作は、主人公の検事・奏が、大学時代の恋人・真樹と12年ぶりに再会したことで、青春時代の“ある事件”が甦り、運命の波に翻弄されていくことになる物語。正義を胸に、過去の悲劇やいくつもの謎に立ち向かう一方で、真樹との運命的な愛に揺れ動く奏の苦悩と決断が描かれる。

 第2話では、念願の検事となり、世間の注目を集める事件を担当することになった奏に、現在の恋人・奥田貴志(安藤政信)がプロポーズ。しかし、貴志との関係が一歩進展しそうなタイミングで、カオリの事件以来、姿を消していた真樹が奏の前に現れる。

広告の後にも続きます

 突然の別れから12年、長い年月を経て再び出会ってしまった2人。これを機に、奏と真樹は封印してきた悲劇と向き合うことになる。そして、それと同時に心の奥底にしまい込んでいた“禁断の初恋”も再び動き出す。

 そんな中、奏は仕事で訪れた横浜地裁で、真樹が父・野木浩一郎(仲村トオル)と激しく言い争う場面に遭遇。さらに、浩一郎につかみかかった真樹のある言葉を耳にした奏は、新たな事実を知ることになる。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル