top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

JO1川西拓実、音楽さえあれば何もいらない 初主演映画は「一生僕の心に残る」

シネマトゥデイ

JO1の川西拓実

 グローバルボーイズグループJO1の川西拓実が15日、都内で行われた主演映画『バジーノイズ』(5月3日全国公開)の完成披露試写会に出席。本作が初の映画主演作となった川西は、「一生僕の心に残る映画になりました」と心境を明かした。イベントには川西とダブル主演の桜田ひより、共演の井之脇海、柳俊太郎、円井わん、風間太樹監督も参加した。

 本作は、週刊ビッグコミックスピリッツで2020年まで連載されていた同名人気コミックを、ドラマ「silent」などを手掛けた風間監督が実写映画化。「音楽を奏でること」だけが生きがいだった青年・清澄(川西)が、自身の曲に感動したという同じマンションに住む潮(桜田)との交流によって、人生が変化していくさまが描かれる。

 初主演映画のお披露目の場ともあって、緊張した面持ちで登壇した川西は「僕にとって初めての主演映画ということで、思い入れが本当にあって、僕の一生忘れない作品になると思います」と語ると、「そんな作品を早く皆さんに観ていただきたいです」と思いを伝える。

 熱い思いで臨んだ撮影。メガホンをとった風間監督は「川西くんはひよりさんから聞くと人見知りと言い、他のメンバーからだと『人見知りだっけ?』と言うぐらい人懐っこいと言う。あまりよく分からない人」と告白。「でも、とても真面目な人であって、素直で無垢で、いま自分の目の前にある課題に、非常に前向きに頑張っていく気概のある人」と印象を述べる。

 監督の言葉に川西は「撮影が始まった最初にご一緒することが多かったのが、桜田さんだったのですが、最初にすごく気を使って話してくださったおかげで、そのあと柳くんや海くん、わんさんに会ったときは、すごくリラックスできたんです」と桜田のおかげで緊張が解けて、社交的に撮影に臨めたと感謝を述べる。

「〇〇さえあれば何もいらない」というお題に「音楽」と回答

広告の後にも続きます

 また、清澄がミニマリストであることにちなんだ「〇〇さえあれば何もいらない」というお題に対して、川西は「音楽」と回答。「昔から音楽が好きで、歌うことも好きでした。JO1になって歌いますし、聴きますし、僕も清澄のように家に帰ったら必ず作曲の練習をしたりする毎日なので、音楽はいつもそばにあります」と自身にとっては大切なものであることを強調していた。

 最後に川西は「繰り返しになりますが、一生僕の心に残る映画になりました」と本作が大きな出会いだったことを述べると、「キャスト、スタッフの皆さんが死ぬ気で撮影した最高の映画になっています。きっと後悔させない作品になっていると思うので、映画館に観に来てください」と力強くアピールしていた。(磯部正和)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル