top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

人気女性YouTuber、2年の妊活で妊娠できず体外受精を決意

yutura

14日、イギリスの航空会社で客室乗務員として働いていた人気YouTuber「Chiaki(チアキ)」(登録者数41万人)が、「【ご報告】妊活して2年が経った今のアップデート」と題した動画を公開しました。

体外受精を決意

2021年2月、イギリス人の恋人ニックとの結婚を発表したチアキ。だがなかなか妊娠しないことから、昨年初頭にクリニックに通い始め、妊活をスタートしました。検査の結果は特に問題もなく自然妊娠をめざしていたそうですが、やはり妊娠できず、「今年になってこの月で最後にしようと、ニックと話し合って、自然に生まれるかなと思っていたのですが、最後と決めた月でも生理がきてしまいました」と振り返りました。

そこで夫婦で次のステップに移ろうとIVF(体外受精)と決意。未知の世界に飛び込む恐怖心もあったそうですが、「妊娠に対してちょっとでも進みたいという気持ち」から始めたそうです。また、同じようにIVFに取り組んでいる多くの女性のブログを読むうちに、その怖さも取り払われ、勇気づけられたといいます。

「自分で注射とかも打つんですよ、朝と夜。全然痛くないし、たまにチクッとするけど、これがクセになる痛さ」と表現し、排卵誘発剤を自分で注射していると明かしたチアキ。ただ「この注射のせいか分からないんですけど、気持ちがポジティブになったり下がったり…それは私の問題なのかな」と苦笑い。いずれにしても動画を数カ月作れなかったのはこうした感情の浮き沈みによるものと説明しました。

自分の時間を楽しむ

IVFを始めた当初、落ち込んだというチアキ。「どうしよう、どうやってコントロールしようと考えた」と述べつつ、「やっぱり自分の時間を楽しまなきゃなと。ずっとこの部屋に1人でいて、座っているだけでも時間は過ぎるし、楽しくしても時間は過ぎる」「いいや。なるようになる」と達観したそうです。

広告の後にも続きます

また、チアキはユーザーに向けて、「妊娠にあたって、これをやったら妊娠したとか、IVFを受けている方で、こういうことをしたら成功したという情報があれば教えてください」とリクエスト。自身で実践している妊活として、体を温めて基礎代謝を上げる温活や、食事にホウレンソウや枝豆、ケールといった緑色の食材も豊富に取り入れていると報告しました。

ただし「ネットで調べるといろんな情報がある」というチアキは「豆や豆乳を摂りすぎるとダメとか聞くんです」と、何が真実なのか分からないと嘆きます。「これからもどういう結果になるかわからない」としながら、「ワクワクしている気持ちあれば、不安な気持ちあって、という感じです」と笑いました。

コメント欄には「ちあきさんや妊活を頑張っている全ての方に可愛い可愛い赤ちゃんがきてくれますように」「動画を見ながら自分の状況が重なり、涙がとまりませんでした」「私も2年できなくて、体外受精しなきゃなのに勇気が出なくて、自然妊活待ちでしたが、ちあきさんも始めたならって、勇気でそうです」といった声が寄せられています。

YouTube
 
   

ランキング(動画)

ジャンル