top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

永瀬廉、恋愛ドラマ初主演も髙橋海人から「見れない」 松田元太は役作りで10キロ減量

Real Sound

(左から)松田元太、板谷由夏、永瀬廉、MEGUMI

 4月20日よりテレビ朝日系で放送がスタートするオシドラサタデー『東京タワー』の記者会見が、4月15日に東京・麻布台ヒルズにて行われ、主演の永瀬廉(King & Prince)をはじめ、板谷由夏、松田元太(Travis Japan)、MEGUMIが登壇した。

参考:永瀬廉&板谷由夏、『東京タワー』クランクイン 「2人の距離感や関係性もぐっと縮まった」

 本作は、直木賞作家・江國香織による同名恋愛小説をドラマ化したラブストーリー。永瀬演じる21歳の医大生・小島透と、板谷演じる20歳以上年の離れた人妻・浅野詩史の美しくも許されない愛を描く。

 会見の冒頭、意外にも本作が恋愛ドラマ初主演となる永瀬は「僕にとっても初めての経験ばかりなのですが、日々撮影する中で、すごく刺激を受けています。詩史さんとの距離感も撮影を重ねていくたびに、物語と同様、どんどん距離が近くなっているような感覚も覚えています」とコメント。これを聞いた板谷は「恋愛ドラマは久しぶりな上に、20歳年下は初めてなので」と返答。「詩史さんを通して私もドキドキしています」と話すと、「僕もですよ」と永瀬。お互いにドキドキしていることを明かし、絶妙な距離感で照れあっている姿が印象的だった。

 また、今作で透と同じ大学に通う大原耕二を演じる松田は、今回の役に挑むにあたって10キロの減量をしたそう。「耕二を演じる上で、観てくださる方が、今回はこういう耕二か、令和の耕二はこういう感じかと思ってもらえたら……」と発言。永瀬は「耕二は(松本)潤くんがやってた役でもあるからね」と、映画版で先輩・松本潤が演じた耕二とはまた違う役を見せたいという意図を汲み取ってフォローした。

広告の後にも続きます

 そんな頼もしい姿を見せたのも束の間、「てか、10キロ痩せたのマジ!?」と永瀬。「吸引とかしたの?」とジョークまじりに質問すると「1週間で10キロ落としました。落としたい方は僕に聞いてください」と松田。続けて「Travis Japanが結構踊るので運動量が激しくて、それで落とせたのもありますけど」と話した。

 そんな耕二が誘惑する喜美子を演じるMEGUMIは、今回の役どころについて「人の恋愛をぶち壊すか、犯人とかの役が多かったので、自分が恋愛をするというのは初めてに近いんです」と告白。「喜美子というのは鳥かごのような、自分の可能性を発揮できていないような女性なんです。誰々のママ、誰々の奥さんといった感じで。向き合ってもらえていない女性だから、そういう自分に向き合ってくれる耕二に惹かれてドキドキするんでしょうし、そりゃ喜美子も狂ってしまうなと理解しながら、日々演じております」と話し「共感する人も多いと思いますよ」と続けた。

 また、今回の作品には、親密なシーンの撮影をサポートするインティマシー・コーディネーターを導入しているとのこと。それに対して永瀬は「非常に安心してそういうシーンに臨めています。よりキレイなシーンを撮るために頑張っています」と感謝を述べた。

 その後、イベントではそれぞれの個性あふれる東京タワーの写真を披露し、解説する一幕や、記者からの質問コーナーも。その際、記者が永瀬に対して「今回King & Princeの『halfmoon』が主題歌に起用されたことについて、メンバーの髙橋海人さんは、なんと言っていましたか?」と質問すると、永瀬は「もちろん喜んでいましたけど、廉の恋愛シーンは見れないと言われました」と告白。「(髙橋が)照れなくなるまで、何度も(ドラマを)見せようかなと思っています」と続け、仲睦まじい関係性を伺わせた。

 会見のラスト、永瀬は「許されざる恋がテーマなのですが、僕自身も挑戦が多いです。皆さんに観てよかったなと思ってもらえるような作品になればと思っております。また、透と耕二がどういう大人になっていくかという成長物語という意味でも見応えがあり、最後まで飽きさせることがないドラマになっているのかなと。ぜひよろしくお願いします」と改めて挨拶。キャスト4人は和やかな笑顔を浮かべ会釈しながら降壇していき、イベントは終了した。
(文=於ありさ)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル