top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“米国最大の音楽フェス”コーチェラを魅了した「LE SSERAFIM」…「私たちの夢が叶った日」

ワウコリア

「LE SSERAFIM」がコーチェラ・バレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルに出撃した感想を明らかにした。

グループ「LE SSERAFIM」(キム・チェウォン、サクラ(宮脇咲良)、ホ・ユンジン、カズハ、ホン・ウンチェ)は13日(以下、現地時間)に米国最大規模の音楽フェス「コーチェラ・バレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」(以下、コーチェラ)で約40分間、10曲を休む間もなくサハラステージを掌握した。

広告の後にも続きます

サハラステージの大型LEDに「LE SSERAFIM」のロゴが映し出されると雷のような歓声が沸き上がった。これに応えるように5人のメンバーは恐れず堂々とチームのアイデンティティをみせる曲「ANTIFRAGILE」、「FEARLESS」、「The Great Mermaid」でフェスの始まりを知らせた。彼女たちはバンド編曲に合わせてライブで歌いながら激しいパフォーマンスまで披露し、現地ファンの目と耳をとりこにした。

「LE SSERAFIM」がコーチェラのために特別に準備した未公開曲「1-800-hot-n-fun」を初公開すると、雰囲気はさらに熱くなった。メンバーたちはリズミカルなラップを披露しながら、ヒップなバイブを誇った。

ハイライトは「UNFORGIVEN (feat. Nile Rodgers)」のステージだった。この曲のギター演出を担当した米国の伝説的ミュージシャン、ナイル・ロジャースがゲストとしてサプライズ登場し、皆を驚かせた。ナイル・ロジャースの華麗な演奏で「UNFORGIVEN (feat. Nile Rodgers)」のステージが始まり、「LE SSERAFIM」はこのレジェンドミュージシャンと完璧に息を合わせながら公演を上手に導いた。続いて「Eve, Psyche & the Bluebeard's wife」、「Perfect Night」、「Smart」、「EASY」など米国ビルボードチャートで大きな愛を受けたヒット曲パレードが披露された。観客は前のステージよりもさらに大きな合唱とダンスで応え、「LE SSERAFIM」の公演はピークに達した。「Fire in the belly」で公演の最後を飾った「LE SSERAFIM」は、最後まで爆発的なエネルギーを注ぎ込んだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル