top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫はなぜ『ストルバイト結石』ができやすい?2つの理由と症状、予防法など

ねこちゃんホンポ

猫のストルバイト結石とは?

ストルバイト結石は、猫に発生しやすい尿路結石の一種です。この結石は、その名の通り主にストルバイト(マグネシウム・アンモニウム・リン酸塩)の結晶からできています。

ストルバイト結晶は尿のpH値がアルカリ性(pH7~7.5以上)の時に形成されやすくなり、これらの結晶が尿路系内に詰まって徐々に集まると、それが大きくなって結石となります。

結石が小さい間は自然に排出されることもありますが、大きくなると尿道を詰まらせて排尿困難などの症状が出る可能性があります。

さらに腎臓や膀胱に留まり続けると、尿路結石症のほか、腎不全などの重大な合併症を引き起こしたり、尿毒症を発症して命にかかわることもあるのです。

治療は尿pHを調整し結石を融解させたり、場合によっては外科的に結石を取り除く処置をしたりします。

広告の後にも続きます

ストルバイト結石は砂状のものから数cmの大きさまでさまざまで、色は黄色っぽい半透明で表面が滑らかなものが多いです。また細くカーブした尿道をもつオス猫にはよくみられます。

猫のストルバイト結石の考えられる原因3つ

猫にストルバイト結石ができる主な原因は、以下の3つが考えられます。

1.食事

高ミネラルの食事は、ミネラルが結晶化されてストルバイト結晶が形成されやすくなります。とくにマグネシウムやカルシウムなどが多く含まれる食材は注意が必要です。

基本的に猫は総合栄養食+水があれば生きていけますし、栄養が偏ることも滅多にありません。おやつで煮干しなどをあげたくなりますが、あげすぎには注意しましょう。

2.水分摂取量の少なさ

猫はかつて砂漠で生活をしていた生き物であるため、少ない水分でも活用できるように尿を濃縮する機能が優れているという説があります。水分を積極的にとらない個体も多い傾向があります。

そしてその結果、尿路結石ができやすい環境になってしまうのです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル