top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

集中力が高まり仕事効率もアップ!満腹だと仕事に集中できない理由とは?【専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方】

ラブすぽ

空腹状態がもっとも集中できる?

「頭がすっきりした」「集中力が上がった」といった感覚は、ずぼら断食を始めるとすぐに実感していただけると思います。その理由は、炭水化物の摂取を控えることで眠気の原因となる血糖値の急激な乱高下がないから、胃腸の消化にエネルギーが使われないからなど様々ですが、胃が空っぽの状態が12〜16時間を超えると、「α波」を出す「ケトン体」が生成されるのも大きなポイントです。

ケトン体は3つの化合物の総称で、その中のひとつ「3‐ヒドロキシ酪酸」が脳内にとり込まれると、α波を多く発することが東北大学医学部の研究チームによって明らかにされています。

α波はリラックスした状態のときに発することで知られていますが、判断力や創造性、生産性を高めてくれ、ストレスを抑える効果もあります。つまり、脳を完全にリラックスさせるのではなく、しっかりと活性化してくれるのです。

さらに、脳内がα波の状態になると、鎮痛効果や幸福感などが得られる神経伝達物質のひとつ「β‐エンドルフィン」が出てポジティブなマインドへと切り替わるため、さらにやる気が湧いてきます。ずぼら断食は、ダイエット目的の人だけでなく、仕事の効率を上げたいときや集中力を高めたいときにもおすすめなのです。

『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』はこんな人におすすめ!

・無理せずに痩せる方法を知りたい!
・どんな食事をしてダイエットをするべきか知りたい
・ダイエットのおすすめメニューを知りたい

広告の後にも続きます

以上の方には大変おすすめな一冊です!

そんなに食べてないのに太る本当の理由

「そんなに食べていないのに体重が減らない」「カロリーを抑えて食べているはずなのに太ってしまう」という声をよく耳にします。努力している人には酷かもしれませんが、食事に気をつけているつもりでも、じわじわと体重が増えていく、あるいは、理想の体重以上の体重がありなかなか減らないという場合、自覚のあるなしに関わらず、食べ過ぎていることがほとんどです。

食べ過ぎと聞くと、食べる量をイメージする人が多いと思います。確かに、お腹がパンパンになるまで食べればそれは食べ過ぎです。ですが、油たっぷりの揚げ物や炭水化物が多めの食事など、次の食事までに胃で消化しきれないようなものを食べたり、量が少なくてもその日の活動量で消費しきれないくらい高カロリーなものを食べたりした場合も、実は食べ過ぎなのです。

食べ過ぎチェックリスト

ずぼら断食で体を改善していくにあたり、まずはスタートラインに立つことから始めましょう。ダイエットの基本でもありますが、やせたいと思ったら自分の食生活を把握すること。下の「食べ過ぎチェックリスト」を使うと、簡単にセルフチェックができます。食べ過ぎなのか、食べ方のクセがあるのかを確認してみてください。

□ 1日3食、ほぼ決まった時間に食べている
□ 舌にたっぷりと白や黄色の苔こけがついている
□ 満腹になるまで食べないと食べた気がしない
□ 午後のおやつ、または夕食後のデザートやスナックがルーティーン
□ 食べてから2時間以内に眠ることがよくある
□ 早食いの自覚があり、大低20分以内で食べ終わる
□ 昼食から1〜2時間後に強い眠気を感じることがしばしばある
□ よく噛んで食べようと意識したことがほぼない
□ 唐揚げやコロッケなど油で揚げた料理が大好き
□ 毎日、夕食に炭水化物(ごはん、麺類、パン、粉物など)を食べている

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル