top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

水原一平容疑者 大谷の「敏腕通訳」が“足に鎖”をはめられ出廷…わずか1カ月での“転落ぶり”に広がる衝撃

女性自身

水原一平容疑者 大谷の「敏腕通訳」が“足に鎖”をはめられ出廷…わずか1カ月での“転落ぶり”に広がる衝撃(C)女性自身

銀行詐欺の疑いで刑事訴追された大谷翔平(29)の元通訳・水原一平容疑者(39)。4月13日(日本時間)にロサンゼルスの連邦地方裁判所に出廷し、ドジャースを解雇されてから初めて公の場に姿を現した。

 

水原容疑者は違法賭博の借金を返済するため、大谷の銀行口座から無断で胴元側に1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正に送金したとされている。米メディアによれば連邦地裁は、保釈保証金2万5000ドル(約380万円)を設定したという。

 

「保釈にあたって複数の条件が付されました。まずパスポートの引き渡し、ギャンブルやカジノなど賭博施設への立ち入り禁止、カリフォルニア州の中央地区から離れないこと。そして被害者である大谷選手に接触しないこと、ギャンブル依存症を克服するためのプログラムを受けることなどが示されました。もしこれらの条件に違反した場合は、保釈は取り消され、保証金を納付する義務が生じます」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

 

この日の手続きは15分ほどだったが、地裁に集まった報道陣は日米合わせて100人以上。約60人の傍聴席もあっという間に満席になるほど。なかでも注目が集まったのは、水原容疑者の“激変ぶり”だった。

 

「廷内で取材した記者によれば、水原容疑者は黒いスーツ姿で、ネクタイをせずに白いシャツを一番上のボタンまでとめていたといいます。入廷時は足錠がつけられており、歩く際は鎖を引きずる音が室内に響いていたそうです。代理人のマイケル・フリードマン弁護士とともに着席すると、フリードマン氏の要望によって刑務官が足錠を外しました。水原容疑者の風貌はさほど変わっていなかったようですが、判事の問いかけに返答する声は弱々しかったと聞いています」(前出・スポーツ紙記者)

 

米メディア「TMZ」のスポーツ専門サイト「TMZスポーツ」で制作総指揮を務めるマイケル・バブコック氏は、自らのXで水原容疑者が足錠を外される様子を描写した法廷画を公開している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル