top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

常軌を逸した攻防戦を繰り広げる生田斗真&ヤン・イクチュン 「告白 コンフェッション」場面写真

映画スクエア

 2024年5月31日より劇場公開される、「カイジ」の福本伸行と「沈黙の艦隊」のかわぐちかいじによる同名コミックを原作とした映画「告白 コンフェッション」の、新場面写真と本ポスタービジュアルが公開された。

 場面写真では、生田斗真演じる浅井とヤン・イクチュン演じるジヨンの姿が収められている。閉ざされた雪の山小屋で、雪山で遭難して常軌を逸した浅井とジヨンの白熱した攻防戦の様子が見られる。

 本ポスターでは、 告白を”聞いてしまった”男・浅井と、”言ってしまった”男・ジヨンがまっすぐ見つめる目線に、「だって、死ぬと思ったから」というコピーが大きく描き出されている。さらに、2人の目線の間には、その一夜に何が起こったかを思わせるシーンの数々がちりばめられている。浅井の恐怖にゆがんだ表情や、ジヨンの狂気の表情に対比するかのような、さゆり(奈緒)の美しいまなざしのほか、ただならぬ攻防を思わせる緊迫感にあふれるカットが、走馬灯のように収められている。

 「告白 コンフェッション」の物語は、大学山岳部OBの浅井と石倉が、登山中に遭難するところから始まる。事故によって死を覚悟した石倉は、長年背負ってきた十字架を降ろすため、自分が過去に犯した“殺人”を浅井に告白してしまう。しかし、その直後、眼前に山小屋が出現し、二人は一命を取り留める。死を覚悟した親友の告白を聞いてしまった男と、言ってしまった男。山小屋内で進んでいく、2人のこの上なく気まずい一夜を描く。

 告白を“聞いてしまった男”浅井啓介を演じるのは、「土竜の唄」シリーズや「渇水」などの生田斗真。一見するとエリートの好青年風だが、どこかつかみどころのないキャラクターを演じる。自らの罪をうっかり“言ってしまった男”リュウ・ジヨン役を、ヤン・イクチュンが務める。監督・脚本・主演をつとめた「息もできない」などで知られるヤン・イクチュンが、原作では日本人の石倉というキャラクターだった設定から韓国から来た留学生のジヨンを演じる。監督を務めるのは、「リンダ リンダ リンダ」「苦役列車」「オーバー・フェンス」「カラオケ行こ!」などの山下敦弘。

広告の後にも続きます

【作品情報】
告白 コンフェッション
2024年5月31日(金) 全国ロードショー
配給:ギャガ
©2024 福本伸行・かわぐちかいじ/講談社/『告白 コンフェッション』製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル