top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「アンチヒーロー」「ダークな長谷川博己がいい」「明墨先生、やっていることはえげつないのに かっこいいと思ってしまう」

エンタメOVO

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第1回が、14日に放送された。

 本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドックスエンターテインメント。(*以下、ネタバレあり)

 日本の刑事裁判での有罪率は99.9パーセントといわれる。だが“アンチな弁護士”明墨(長谷川)は、残りの0.1パーセントに隠された「無罪の証拠」を探して依頼人を救う救世主のような弁護士ではない。

 例え、被告が犯罪者である証拠が100パーセントそろっていても無罪を勝ち取る、殺人犯をも無罪にしてしまうような、ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物なのだ。その明墨が、町工場の社長殺害事件の弁護を担当することに。

 放送終了後、SNS上には、「勧善懲悪の逆を行く感じかなあと思って見たら、確かにそういう感じもあったけど、ある意味で正義を貫いているんだよなあ」「明墨先生のキャラはすごく好み ダークなんだけど決して悪人ではなく、ミステリアスさの中にかすかに悲しさが感じられる」「明墨先生、やっていることはえげつないのに かっこいいと思ってしまう」といったコメントが上がった。

広告の後にも続きます

 また、「『一度殺人を犯したら人生はやり直せない。また人を殺すか、自分で命を絶つかだ』というせりふが印象的だった」「証拠の信ぴょう性を問う。映画の『十二人の怒れる男』みたいで面白かった」という声も。

 さらに、「終始、長谷川さんが格好良くて大満足」「ダークな長谷川博己がいい」「悪いほほ笑みをたたえるダークな長谷川博己さんは非常に刺さる」といったコメントも。

 そして、次回に向けての、「1話完結じゃないのっていいね。来週も見たいって思うもん」「緋山(岩田剛典)は、やったのかやっていないのか。それとも事実と違う方向に誘導されているのか。来週の展開が待ち遠しい」といったコメントも見られた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル