top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ

テニス365


優勝を果たしたチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス決勝が行われ、第12シードのS・チチパス(ギリシャ)が第8シードのC・ルード(ノルウェー)を6-1, 6-4のストレートで破り、今季初優勝を果たすとともに2022年以来2年ぶり3度目の大会制覇を成し遂げた。試合後の会見でチチパスは「3度目の優勝は、1度目や2度目よりも特別なものだ。これは僕にとって信じられない勝利だ。今日の優勝は緊張したよ」とコメントした。

>>【動画】チチパスが2年ぶり優勝を決めた瞬間、コートに倒れこむ<<

>>ナダル、西岡 良仁らバルセロナOP組合せ<<

2021年と2022年に2連覇を飾っている世界ランク12位のチチパスは1回戦で世界ランク34位のL・ジェレ(セルビア)、2回戦で同31位のT・M・エチェベリー(アルゼンチン)、3回戦で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝で第15シードのK・ハチャノフ、準決勝で第2シードのJ・シナー(イタリア)を破り決勝に駒を進めた。

決勝戦、チチパスは第3ゲームで先にブレークに成功。直後の第4ゲームで3度のブレークポイントを凌ぐとその後は大事な場面でミスが目立ったルードに畳みかけ怒涛の6ゲーム連取。最後の第7ゲームでは2度目のセットポイントとなるブレークチャンスを握るとルードがダブルフォルトを犯し、チチパスが第1セットを先取する。

続く第2セット、5度のブレークポイントを握られたチチパスだがベースライン後方で構えるルードに対しサーブ&ボレーでポイントを重ね全て凌ぐ。すると第10ゲーム、ルードのミスもありマッチポイントとなるブレークチャンスを握ったチチパス。最後はフォアハンドウイナーを沈め、1時間36分で優勝を決めた。

チチパスがツアー大会で優勝するのは昨年8月のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)以来 約8か月ぶりであり、今回で通算11個目のタイトルとなった。

今シーズンは長らくキープしていた世界ランクトップ10の座から陥落し12位に降下。マッチ勝利数も今大会前で11勝6敗と振るわなかった。

そんななか、過去3勝を誇る今大会で世界ランク2位のシナーやクレーコートを得意とする選手を撃破したことが大きな自信につながると明かした。

「とても大変な時期だったから、表彰台に戻れたこと、トーナメントで勝てたことは本当に素晴らしいことだと思う。この瞬間を可能にしてくれた家族、友人、そして神様には感謝してもしきれない。この旅を支えてくれたすべての人に感謝している。3度目の優勝は、1度目や2度目よりも特別なものだ。これは僕にとって信じられない勝利。今日の優勝は緊張したよ」

「チームのみんなと約束したように、自分のテニスを見せなければならなかった。コートに立って、冷静なテニスを見せることができてよかったよ。最初から最後まで、僕のプレーはまとまっていたし、いろいろなショットを織り交ぜることができたよ」

チチパスは今回の優勝で15日付のATP世界ランキング更新で7位に浮上することが決まっている。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル