top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ドローン撮影の作品コンテスト  映像の新しい可能性を切り拓こう

もっとエンタメ

 さまざまな分野で活用されているドローン。他の方法では見ることができない景色を見せてくれるツールの一つだ。ドローンで撮影した映像作品を対象とした「Drone Movie Contest 2024」(デジタルハリウッド・東京)の作品応募受け付けが始まった。締め切りは5月10日。

 2016年から続くドローン映像に特化したコンテストで、今回が9回目。テレビや映画では当たり前のように使用されるようになったドローン。コンテストではドローンで撮影した映像が50%以上、かつ3分以内という制約のもと作成した映像作品が応募の対象だ。コンテストのポイントは、1)国内の法制度を守った安全運航体制、2)ジャンルを問わない、3)ドローン業界の第一線で活躍している人が中心になって審査、この3点。

 例年の上位作品は、きれいな景色だけでなくストーリー性を高めた作品や希少性の高い映像をまとめた作品、マイクロドローンを駆使したものなど、作りこみを感じる作品が選ばれている。応募要項と過去の受賞作品は公式サイトで。

 

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル