top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

Snow Man、『それスノ』GP帯進出から1年 より広くなった視聴者層に届く9人ののびのびとした姿

Real Sound

Snow Man

 4月12日、19日、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)が初の2週連続スペシャルが放送。4月12日に放送されたのは、Snow Manと浅田真央が鎌倉、小田原の街中で繰り広げる借り物競争バトル。街の人とSnow Manが触れ合う人気企画のひとつだ。同番組がゴールデン帯に昇格して約1年経とうとしている。はじめは特別番組からスタートし、動画配信サービス「Paravi」でのレギュラー化、その後地上波レギュラー、そしてゴールデン帯へと移ったことで、今まで以上に幅広い視聴者から人気を博している。

(関連:Snow Man、ユニット曲MV大量公開にファン歓喜 組み合わせの数だけ広がる表現の幅

 放送がゴールデン帯に移ったことで、新たな見どころも多々生まれたのではないだろうか。ゴールデン帯での人気企画といえば、やはりなんと言っても「ダンスノ完コピレボリューション」だろう。これまでLDH所属グループメンバーやモーニング娘。、元AKB48メンバーなどのダンスが上手い女性タレントなど、様々なゲストが登場してきた同企画は、毎回熱いダンスバトルが繰り広げられている。2月23日放送回では、Da-iCE・花村想太、DA PUMP・TOMO、JO1・川尻蓮も登場。さすがのダンススキルを見せつけ、花村はMVPを受賞、川尻も「TAKAHIROポイント」をゲットするなど、それぞれ活躍を見せていた。もちろん、ダンスでのバトルが同企画の見どころなのだが、Snow Manとゲストたちが繰り広げるトークも面白い。意外な交流エピソードが語られたり、ゲストたちから話を引き出して笑いにつなげたりするSnow Manメンバーのトークスキルもキラリと光っている。

 そして、昨今注目されている企画は、阿部亮平とROLANDが一般人が踏み入ることができない立ち入り禁止エリアへ潜入する企画。第一弾はJALのコックピットなどに潜入して反響を得ていたが、その第二弾として3月8日放送回ではAmazonの巨大倉庫に潜入した。その中でお決まりになっているのが、“名言感想”。これは感想を名言っぽく言うというもので、Amazon独自のシステムを目の当たりにしたROLANDは「歴史って学ぶもんじゃなくて作るもの」と、さすがの名言を発していく。食堂で食レポをした時もROLANDはスパイスカレーの甘みを「社長の息子の考えくらい甘い」と表現。それに続くように、唐揚げを食べた阿部も「鶏が揚がってるんじゃない、油で。俺でブチ上ってます」と続き、スタジオでVTRを見ていたメンバーと視聴者を沸かせていた。Snow Man随一の頭の回転の速さを持つ阿部の強みが出ているとともに、真面目なイメージを持つ阿部が発言するからこそ盛り上がりに繋がっているのだろう。

 さらに、企画だけでなくスタジオでのトークやVTR中のコメントも同番組の見どころではないだろうか。ワイプにはVTRを心の底から楽しんでいるようなメンバーの表情が映し出されており、見ていて微笑ましくなってくる。1月26日放送回でも、メンバーたちはラウールが大食い大会にチャレンジする様子をスタジオからワイワイと応援。予選突破を目指すべく、事前にフードファイターの小林尊から伝授された“ハムスター食い”で笹かまぼこを食していくラウールを見て「いいよ!」、「かわいい!」、「大丈夫だよ」と口々に声を出したり、祈るようなポーズを取ったりしていく。惜しくも決勝を逃してしまったが、わかりやすく落胆する表情を見てスタジオは大盛り上がりの様子を見せていた。Hey! Say! JUMP・山田涼介がスタジオゲストとして登場した2月9日放送回では佐久間大介の実家が「マジデカい」と明かされたり、山田が宮舘涼太の家族とともに健康ランドに行った話が出たりと、Snow Manメンバーとの交流エピソードも披露された。

広告の後にも続きます

 のびのびとやりつつも、きちんと見どころや笑いどころを作っているSnow Man。気の置けないメンバー、スタッフとともに作り上げている番組だからこそ、素が見えつつ、見ごたえがある内容になっているのだろう。余す所なく楽しめる同番組が、さらに人気番組、長寿番組になっていくことを祈りたい。

(文=高橋梓)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル