top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

秋元康総合プロデュース『たべっ子どうぶつ』キッズ音楽ユニットのオーディション開催

Real Sound

秋元康プロデュース『たべっ子どうぶつ』キッズ音楽ユニット 告知画像

 秋元康が総合プロデュースを務める、『たべっ子どうぶつ』キッズ音楽ユニットのオーディションが開催される。

(関連:AKB48姉妹グループが海外で活性化 日本的な女性アイドル文化、国境超えてなぜウケる?

 オーディションの参加対象は小学1年生から中学1年生。合格者はビクターエンタテインメントより2024年秋にメジャーデビューし、パズルゲームアプリ『たべっ子どうぶつTime』のオリジナル主題歌を担当する。

 オーディションへの参加は、本日4月15日に全国のコンビニエンスストア(一部を除く)および、ギンビス公式ECサイトで発売する『たべっ子どうぶつ 夢みるミルク味』のパッケージに貼られたキャンペーンシールより応募が可能。その他の詳細については、特設サイトにて。

<秋元康 コメント>

広告の後にも続きます

「たべっ子どうぶつ」の歌を作って欲しいと、ギンビスの宮本社長から依頼されました。もちろん、「たべっ子どうぶつ」のビスケットは食べていましたし、最近、大ブームになっていることも知っていました。プロデュースをお受けすることにした時に思ったのは、「子どもの頃に覚えた曲は、大人になっても、時々、口ずさんでいる」ということです。ですから、「たべっ子どうぶつ」のように、長く愛される歌を作ろうと思いました。「ああ、子どもの頃、よく歌ったなあ」と大人になっても、誰もが口ずさめるような歌こそが、「たべっ子どうぶつ」のビスケットの普遍性にふさわしい歌だと思います。
ご期待ください。

<株式会社ギンビス 代表取締役社長 宮本周治 コメント>

2023年に45周年を迎えた「たべっ子どうぶつ」は、これからも親子3世代でお楽しみいただける“100年ブランド”を目指しています。
『たべっ子どうぶつTime』の主題歌となる初のオリジナルソングの制作にあたり、世代を超えて歌い継がれる名曲の数々を世に送り出してきた秋元康さんにぜひお願いしたいと思いました。
今回の楽曲がアプリはもちろん、今後学校行事やイベントなど様々なシーンでも親しまれ、「たべっ子どうぶつ」と同じく子どもから大人まで一緒に楽しんでいただけることを心待ちにしています。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル