top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

チチパス 2年ぶり3度目の優勝

テニス365


優勝し喜びを爆発させるチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス決勝が行われ、第12シードのS・チチパス(ギリシャ)が第8シードのC・ルード(ノルウェー)を6-1, 6-4のストレートで破り、今季初優勝を果たすとともに2022年以来2年ぶり3度目の大会制覇を成し遂げた。

>>【動画】チチパスが2年ぶり優勝を決めた瞬間、コートに倒れこむ<<

>>チチパスが優勝、モンテカルロMS組合せ・結果<<

両者は4度目の顔を合わせでルードの2勝1敗。直近では今年2月のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)準決勝で対戦しており、ルードが6-4, 7-6 (7-4)のストレートで勝利している。

世界ランク10位で25歳のルードが同大会に出場するのは5度目であり最高成績は2021年の4強入り。今大会では初戦の2回戦で同45位のA・タビロ(チリ)、3回戦で第10シードのH・フルカチュ(ポーランド)、準々決勝で第14シードのU・アンベール(フランス)、準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を下し決勝進出を決めた。

一方、2021年と2022年に2連覇を飾っている世界ランク12位のチチパスは1回戦で世界ランク34位のL・ジェレ(セルビア)、2回戦で同31位のT・M・エチェベリー(アルゼンチン)、3回戦で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝で第15シードのK・ハチャノフ、準決勝で第2シードのJ・シナー(イタリア)を破り決勝に駒を進めた。

決勝戦、チチパスは第3ゲームで先にブレークに成功。直後の第4ゲームで3度のブレークポイントを凌ぐとその後は大事な場面でミスが目立ったルードに畳みかけ怒涛の6ゲーム連取。最後の第7ゲームでは2度目のセットポイントとなるブレークチャンスを握るとルードがダブルフォルトを犯し、チチパスが第1セットを先取する。

続く第2セット、5度のブレークポイントを握られたチチパスだがベースライン後方で構えるルードに対しサーブ&ボレーでポイントを重ね全て凌ぐ。すると第10ゲーム、ルードのミスもありマッチポイントとなるブレークチャンスを握ったチチパス。最後はフォアハンドウイナーを沈め、1時間36分で優勝を決めた。

チチパスがツアー大会で優勝するのは昨年8月のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)以来 約8か月ぶりであり、今回で通算11個目のタイトルとなった。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル