top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【新日本/APFW】DOUKIが藤田熱戦撃破でIWGPジュニア王者SHOに挑戦決定

プロレス/格闘技DX

【新日本/APFW】DOUKIが藤田熱戦撃破でIWGPジュニア王者SHOに挑戦決定(C)プロレス/格闘技DX

『WEICKER presents WRESTLING WORLD 2024 IN TAIWAN』台湾・Zepp New Taipei(2024年4月14日)
IWGPジュニアヘビー級王座次期挑戦者決定戦 ○DOUKIvs藤田晃生×

 DOUKIが熱戦の末に藤田を破り、IWGPジュニアヘビー級王者・SHOへの挑戦を決めた。

 4・6両国大会で王者・SHOがYOHを退け、初防衛を果たした試合後、藤田とDOUKIが同時に挑戦を表明。SHOが拒むと、藤田はスワンダイブ式ミサイルキックで王者をKOし、DOUKIはベルト強奪の実力行使に出た。

 その二人による次期挑戦者決定戦が台湾の地で組まれた。IWGPジュニアのベルトを手に入場したDOUKIに藤田がドロップキック、トペコンヒーロで奇襲。スワンダイブ式トペアトミコで攻め立てたが、DOUKIもすぐさまトペスイシーダで反撃。場外DDTを敢行すると、首攻めで流れを作った。

 負けじと藤田はニールキック、スワンダイブ式ミサイルキックで逆襲し、クロス式キャメルクラッチで捕らえたが、逃れたDOUKIはイタリアンストレッチNo.32で絞め上げて譲らない。デイブレイクで追い討ちをかけると、藤田もジャーマンで応戦。延髄斬りを打ち合い、DOUKIがラリアットを叩き込めば、藤田もレッグラリアットで徹底抗戦。ジャーマンで勝負に出たが、3カウントは奪えず。最後は土遁の術、スープレックス・デ・ラ・ルナとたたみかけたDOUKIが勝利を決めた。

 この結果、DOUKIがIWGPジュニア挑戦権を獲得。試合後、王者・SHOがベルトを取り戻そうと現れたが、DOUKIは延髄斬り、摩利支天で返り討ち。IWGPジュニアのベルトを手に「俺がよ、正式にこれを獲ってから、もう一回挑戦してこい」と藤田にエールを送ったDOUKIはSHOに「これを返してほしけりゃ、まずしっかりと契約書にサインしろ。ちゃんとした場を設けて、お前がそこにサインをするなら、俺はすぐにだって返してやってもいい。最強のチャンピオン様、いい返事待ってるぜ」と迫っていた。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル