top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『寄生獣 -ザ・グレイ-』チョン・ソニが圧巻の演技 どん底から再起するク・ギョファン

Real Sound

Netflixシリーズ『寄生獣 -ザ・グレイ-』Netflixにて配信中

 韓国ドラマ『寄生獣 -ザ・グレイ-』がNetflixで配信中だ(全6話)。岩明均の人気漫画『寄生獣』を原作に、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が実写化した。

参考:菅田将暉、『寄生獣』で韓国ドラマデビュー 坂口健太郎、青木崇高ら相次ぐ“韓国進出”

 まずは本作の概要をお伝えしよう。韓国で開催された若者が集う大型イベントで寄生生物に乗っ取られた人間が暴れまわる事件が起きる。その様子が拡散され世の中が大騒ぎする中、一人の孤独な女性チョン・スイン(チョン・ソニ)は、仕事の帰りに事件に巻き込まれ、寄生生物「ハイジ」が体の中に入り込む。

 そしてもう一人、チンピラのソル・ガンウ(ク・ギョファン)は、暴力団の争いに巻き込まれたことで命を狙われ、故郷に逃げ帰ってくる。ところが、妹が行方不明になり、重い病だと聞いていた姉の様子がおかしい。そんな中、ハイジが体の中に入ったスインと出会う。

 数カ月後、寄生生物たちは組織化して勢力を拡大し、人間を次々と襲っていた。事態を憂慮した韓国政府は、寄生生物を撲滅させようと専門の特殊部隊「グレイ」を立ち上げ、チーム長にチェ・ジュンギョン(イ・ジョンヒョン)が着任。寄生生物が多く生息している地域を管轄するナミル警察署とともに捜査に乗り出す。

広告の後にも続きます

 全6話ということもあり、スピード感のある物語の展開とヨン・サンホ監督らしい寄生生物たちの不気味な描写で観るものを一気に惹きつける。今回は主要キャストであるチョン・ソニ、ク・ギョファン、イ・ジョンヒョンの魅力について述べてみたい。(以下、ネタバレあり)

チョン・ソニが巧みに演じるスインとハイジ

 寄生生物・ハイジと共存するスインを演じるのは、現在NHK BSで放送中の『青春ウォルダム 呪われた王宮』でヒロインを演じているチョン・ソニだ。話題作への出演が続き注目されている若手俳優だが、本作でもいかんなく魅力を発揮している。

 スインは母親に捨てられ、父親から日常的に激しい暴力を受けていた少女だった。ある日このままでは父親に殺されると警察に通報し、キム刑事(クォン・ヘヒョ)に保護され、それ以来キム刑事を慕いながら孤独に生きていた。

 スーパーで働くスインは生気がなく、人生を諦めたような鬱々とした表情をしている。そんなスインはスーパーに来た客とトラブルとなり、帰宅途中で殺されかける。間一髪のところでスインの体に寄生生物・ハイジが入り込み、奇跡的に無傷で生還。スインを殺そうとした客はハイジによって殺される。

 通常、寄生生物に体を乗っ取られると脳を食い尽くされるため本来の人格は崩壊してしまう。しかし、スインの体に入り込んだ寄生生物・ハイジは、脳を食い尽くす前にケガを負ったスインの体を治すほうを優先した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル