top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

球場騒然… 大谷翔平、乱闘に巻き込まれた! 両軍総出で睨み合い… 松井裕樹も慌てて参戦、まさかの展開へ 「どういう状況?」「別世界だな」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース5-2パドレス(4月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)               

【映像】乱闘が発生!大谷と松井が巻き込まれる瞬間

4月13日(日本時間14日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、パドレスの打者への内角攻めをめぐり、両軍総出で睨み合うという事態が発生。しかし、そうした険悪なムードの中で、ドジャース・大谷翔平と、パドレス・松井裕樹が見せた“ほっこりシーン”が、野球ファンの間で注目を集めている。

0-1、パドレス1点のビハインドで迎えた5回表、打席には5番のジュリクソン・プロファー、カウント2-0という場面で、打席のプロファーは、ドジャースの捕手ウィル・スミスが行うデットボールになりかねない厳しすぎる内角攻めに腹を立ててか、なにやら興奮した様子で詰め寄ることに。すると、両軍の選手たちが一斉に本塁方向へと集まり、一触即発の事態へと発展。その際、ブルペンからは松井も飛び出してくることとなったが、その際、松井は相手選手たちの中に大谷を見つけると、笑顔で帽子をとりながら“マイペース”に挨拶。すると、その姿が目に入ったのか、大谷も笑みを見せながらウインクをしてみせることに。

パドレス打撃陣からすれば、プロファーの前にも主砲・マチャドが同様の攻めをされ、審判が間に入る形での口論になりかけたにもかかわらず、それに懲りることなく、危険な内角球が投じられたことで、完全に“着火”した形となっていたものの、そうした険悪なムードが漂う中であっても、大谷&松井がこうした“ほっこり交流”を見せたことに、野球ファンも注目。ネット上の野球ファンからは「どういう状況?w」「それにつけてもこの温度さよw」「これこそ日本人やなww」「修羅場の中に生まれた優しい世界w」「大谷と松井だけもはや別世界やんけ」「そういえばダル先生は今日はいないの?」「なんか出てくるなり松井がニッコニコなのが草w」「ホント、みんな仲良くやろうやw」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル