top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

なんだこりゃ?MVP男ベッツも思わず首をひねる“現代の魔球”ナックルの威力 捉えたはずが豪快空振り三振に困惑顔

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース5-2パドレス(4月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)

 MVP経験者の強打者であっても、すぐにアジャストするのは難しい“現代の魔球”が威力を発揮した。ドジャース大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場した試合で、パドレスの先発はウォルドロン。投球の30%以上がほとんど回転しない「ナックル」を用いる投手で、この試合でも序盤から多投。ドジャースの1番を打つベッツからいきなり空振り三振を奪ったが、見慣れない変化にベッツ自身も首をひねって困惑顔になってしまった。

【映像】なんだこりゃ?ナックルを空振りして不思議そうなベッツ

 ナックルは指で弾くようにして投げ込む球種で、スピードが出ず、コントロールも難しい。ただ、ほとんど回転しないことから捕手に届くまでに様々な空気抵抗を受けることで、不規則に変化するという厄介極まりないものだ。現在、メジャーでもナックルを投げこなすのはウォルドロンだけ。ストレート、スイーパー、カットボールなどとうまく混ぜながらの投球で、昨季メジャーデビューを果たした。

 メジャー30球団の中でもトップクラスの重量打線に、球速が遅いナックルを投げ込むのはかなり度胸がいるところだが、生命線でもある球種を信頼してか、1回先頭のベッツに対してカウント1-1からこの試合1球目のナックルを投げ込むと、カウント2-2と追い込んでから、2球目のナックル。これが揺れながら外角低めに落ちていくと、ベッツもじっくり引き付けてからスイングしたものの、ボール1個分以上は離れたところをスイングしてしまい、空振り三振に倒れた。

広告の後にも続きます

 ナックルが来ることは十分に頭に入れていただろうベッツだが、それでも空振り三振に倒れてしまったことに、ベンチに戻る途中では「なんだこりゃ?」といわんばかりに、首をひねっていた。

 それでもこれで終わらないのがベッツ。この試合3度目の対戦となった4回1死一、二塁のチャンスでは同じくカウント2-2から、ほぼ真ん中に入ってきたナックルを痛打。レフト前へと弾き返す先制タイムリーを放っていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル