top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

DeNA、チャンスと作るもホームは遠く…ホームでの連敗に三浦監督「クリーンアップが当たってこないと打線も活気づかない」

ベースボールキング

DeNA、チャンスと作るもホームは遠く…ホームでの連敗に三浦監督「クリーンアップが当たってこないと打線も活気づかない」(C)ベースボールキング

● DeNA 0 - 9 ヤクルト ○
<3回戦・横浜>

 5回まで毎回塁上にランナーを送り込んだものの、あと1本が出なかった序盤戦。この拙攻が勝負を分けた。

 初回は先頭の度会隆輝がヒットとワイルドピッチで無死二塁。2回も先頭の宮﨑敏郎のヒットを活かせず、3回にも井上絢登のプロ入り初ヒットから大貫晋一が送りバント、度会隆輝が四球のチャンスもモノにできなかった。4回には相手エラーから二死満塁までチャンスを広げるが、打者ピッチャーの大貫が凡退し、5回は一死から石上泰輝が二塁打を放つも、3番佐野恵太、4番牧秀悟が還せず、ここまでで残塁6の拙攻で踏ん張っていた先発の大貫晋一を援護できなかった。

 逆にヤクルトは村上宗隆の今季初ホームランに内野ゴロで加点する対象的な展開で先発のミゲル・ヤフーレを助けた。流れを掴めぬまま、7回にはベイスターズデビュー戦となった森唯斗が、味方の3失策もあり7失点と苦しいピッチングとなり、試合はここで完全に決まってしまった。

 試合後三浦監督は相手先発のヤフーレに「手こずってたかなっていうところですね。もちろん映像も見ながら色々対策を立てたところなんですけども、ちょっと動くボールとかね、チェンジアップを捉えられなかったな」ともう1本が出なかった理由を分析。

 粘って試合を作った大貫には「最小失点ずつで我慢したいと思います」と一定の評価。6回途中の交代については「あの回でまだ球数は100球を超えてなかったですけども、ノーアウト2、3塁ってところでしたので、あそこまでと考えたところですね」と説明。村上宗隆に許したホームランには「(3-1の)カウントにしてしまったってとこだと思います。でもホームラン打たれることもあります」と割り切っていた。また森唯斗には「ちょっと悪いことしましたね。あそこから一気に連鎖してしまったっていうか、ガタガタって行ってしまいました」と味方に足を引っ張られたことを詫びていた。

 打線ではクリーンアップで1安打に終わったことには「改善していかないといけないですし、そこに任せるっぱなしってわけじゃないですけども、やはりクリーンアップが当たってこないと、打線も活気づかないですし」と苦言を呈した。

 このカード初戦を取り連敗を3で止めたが、また連敗となってしまった三浦ベイスターズ。しかしスタメンに名を連ねた度会、石上、井上のトリオは全員ヒットをマークし「若い選手が試合に出て、思い切ってプレイしてくれてます。いいものを見せてくれています」と高評価。「もちろん反省するところも、課題もいっぱい出たと思うんで。次に向けて対策しっかり練って、来週また頑張っていきたいと思います」と前を向いた指揮官。勝率5割から、また上を目指して戦っていく。

取材・文=萩原孝弘

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル