top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

崖っぷちから第3戦へ望みをつないだデンソー・髙田真希「どんな状況でも勝ち切りたい」

バスケットボールキング

崖っぷちから第3戦へ望みをつないだデンソー・髙田真希「どんな状況でも勝ち切りたい」(C)バスケットボールキング

 4月14日、武蔵野の森総合スポーツプラザで「京王 presents Wリーグプレーオフ 2023-2024」のファイナル第2戦が行われ、デンソーアイリス(レギュラーシーズン2位)が富士通レッドウェーブ(同1位)に73-62で勝利した。

 第1戦に57-64で敗れたものの、会心の勝利で第3戦に望みをつないだデンソー。この試合で9得点6リバウンド3スティールをマークした髙田真希は、「後がない状況の中でチーム全員で戦っていこうとミーティングしていたので、出だしは良くなかったですけど、自分たちが今まで培ってきたディフェンスを立て直しながら、細かい技術的な部分よりも声をかけ合って最後まで気持ちを切らすことなく戦えた」と試合後の会見で語った。

 第1クォーター終了時点では14-24と富士通に突き放されていたデンソーだが、続く第2クォーターで点差を詰めると、第3クォーターで逆転に成功した。勝因のひとつとして、16本を記録したオフェンスリバウンド(富士通は9本)が挙げられるが、髙田は「勝ちたい気持ち」こそがリバウンドを増やしたと語る。

「リバウンドはどこに落ちてくるかわからないので、とにかく気持ちだと思います。やっぱり勝つためにはオフェンスリバウンドが必要なので、前半最後に(赤穂)ひまわりがオフェンスリバウンドからブザービーターを決めたのも気持ちが表れているからこそだと思うので、そこに触発されて自分もしっかり頑張んないといけないなと思いました」

 また、キャプテンを務める赤穂ひまわりの成長について聞かれると、「年々感情が表に出たり、そういった部分は彼女自身が勝ちたいからこその表れだと思います。それは決して悪いことじゃなくて、口数が多い訳ではないんですけど、背中で見せてくれる」と25歳のオールラウンダーを称賛した。

広告の後にも続きます

「キャプテンとしてもすごく良くやっていますし、そういう性格だからこそ周りがその気迫を見て『自分もやらなきゃ』となっています。いろんなリーダーシップの取り方がありますけど、ひまわりらしいリーダーシップができつつあり、それに周りがしっかり応えようとしてるからこそ、このチームがここまで立てているのかなと思います」

「どんな状況でも明日は絶対勝ち切りたい」と運命の第3戦へ意気込む髙田。富士通の16年ぶり優勝か、デンソーの初優勝か。注目のファイナル第3戦は15日19時ティップオフ予定で、試合の模様はNHKBSサブチャンネル(102ch)で生中継、バスケットLIVEでライブ配信される。

【動画】宮澤夕貴vs髙田真希 3ポイントシュートの応酬!

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル