top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

藤子・F・不二雄が描いた核戦争への不安 NHK BSドラマ『マイシェルター』原作を読む

Real Sound

 「藤子・F・不二雄SF短編ドラマ」のシーズン2が、NHK BSでスタートした。本日4月14日に放送される第2夜は『マイシェルター』(初出:『月刊スーパーアクション』1983年7月号)。原作は、核戦争の危機が叫ばれるなかで、一介の市民がどのように生き残れるかという問いを、「核シェルター」を通して描いた作品である。

参考:藤子・F・不二雄のSF短編ドラマ『鉄人をひろったよ』原作はどんな物語? 日常における「巨大ロボット」の捉え方

 軽く時代状況を整理してみる。本作が発表された1983年は、アメリカとソ連による核軍拡競争がピークを迎えており、世界でおよそ6万発もの核兵器が存在していた(4年後の1987年に約7万発という歴史上最多数を記録し、そののちは米ソ間の条約などによって徐々にその数を減らしていく)。それゆえに、核に対する不安や拒絶の声は、1962年のキューバ危機に並ぶほどの盛り上がりを見せており、同時代の漫画の世界でも、『北斗の拳』(原作:武論尊・作画:原哲夫、1983年連載開始)や『飛ぶ教室』(ひらまつつとむ、1985年連載開始)など、核戦争後の世界を描いた作品は少なくなかった(またこの2作は、じっさいに核シェルターを作中で登場させている)。

 藤子・F・不二雄にとっても、「核」は珍しいテーマではない。SF短編を見ると、映画マニアの青年が核戦争の危機をサークル仲間たちに熱弁する『ある日……』や、巨人・ガ壱號が広島・長崎に飛来したB29から原爆を回収し、サンフランシスコとロサンゼルスに投げ込むというウルトラCの展開が炸裂する『超兵器ガ壱號』はとくに記憶に残るものだろう。

 『マイシェルター』は、居酒屋での会話からはじまる。おやじさんにマイホーム建設の夢を語り、節約のために酒席を早々に切り上げようとする中年サラリーマンの主人公。するとそこに「あまり飲めないんです」と自分の酒を勧めてくる、ひょろっとした眼鏡の男性。マイホーム購入まではもう一歩という段階に迫り、悩みが解消されそうと語る主人公だが、その予定地を聞いた男性は、「都心に5メガトンの核爆弾が落ちた場合は焼けてしまう」と地図を見せながら主人公に語る。バカバカしいと一笑に付す主人公だが、男性は現在(1983年当時)における核戦争の危機を強調し、核シェルターのパンフレットを主人公に渡す。そして帰宅後、主人公は眠りにつくが……。

広告の後にも続きます

 パンフレットの説明では(原作では4分の3ページほどを使い、シェルターの見取り図が示される)、シェルターは核戦争やM8の地震にも十分耐えうる強度を持ち、10名までは収容が可能であるという。主人公の家族構成は妻と中学生くらいの息子、小学生くらいの娘の4人で、その点は問題ない。では、シェルターがあることで、「核戦争が起きたけどうちの家族は無事でした。とっぴんぱらりのぷう」となるのだろうか?

 『マイシェルター』では、主人公が見る夢と現実の往還が幾度も描かれる。本作における夢は、いわば「もしこうしたら」というシミュレーションの役割を果たしており、それにより核の危機を前にした、主人公の行動や倫理観が試されることとなる。

 具体的に説明しよう。まずはシェルターではなく、マイホームを買ったとしてのシミュレーションがあらわれる。新築の家を前に、歓声をあげる一家。しかし、それもつかの間。周囲は核戦争の果実と思わしき炎に包まれ、一家の歓声は悲鳴へと一変する。これが第一の悪夢であるが、夢から覚めたのち、核戦争への懸念を改めて感じた主人公は、セールスマンから渡されたパンフレットに入念に目を通し始める。

 そして第二の夢以降は、実際にシェルターを購入したらどうなるかというシミュレーションが、家族とのやり取りを通して表現されることになる。内部を案内したときの家族の反応は? 狭いシェルターのなかでどのように日々を過ごす? 家族以外にシェルターに入れるのだとすれば誰になる? 家族とのやり取りのなかでは、いずれも主人公の行動や言動は家族から好ましい反応を受けることはなく、実生活にシェルターを持ち込むことの難しさが読み取れる。

 ただここで立ち止まってもいられないので、家族の理解が得られたとする。そして無事シェルターが購入でき、その後に起きた核戦争で、一次災害(爆風の直撃)は避けられたとする。しかし繰り返すが、それで「とっぴんぱらりのぷう」となるのだろうか?

 ここで示唆を与えるのは、『ズッコケ三人組』シリーズで知られる那須正幹の短編小説『The End of the World』である。『マイシェルター』と同時期にあたる、1984年に発表された本作においては、迫りくる核戦争を前に、シェルターに移動した家族3人の「その後」のできごとが描かれる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル