top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

きれいにしまったはずのワイシャツがシワシワ… 型崩れを防ぐ収納方法に「次からコレ」

grape [グレイプ]

忙しい朝に、「ワイシャツを取り出してみたらしわくちゃだった…」と慌てたことはありませんか。収納する時にシワにならないようにひと工夫するのがポイント。

時間のない朝でも、棚から取り出してそのまま着て出かけられるでしょう。

本記事では、洋服の青山が運営する『AOYAMA Journal(アオヤマジャーナル)』に掲載されている、ワイシャツの収納方法について紹介します。

ワイシャツのシワを防ぐ収納方法

ワイシャツのシワを防ぐには、ほかの衣類との重なり具合や収納する場所を工夫するのがポイントです。

ほかの衣類と重ねない

ワイシャツはそもそもシワになりやすい衣類なので、できるだけほかの衣類と重ねないようにすることが大切です。

広告の後にも続きます

収納スペースがなくどうしても重ねて収納する必要がある場合は、ほかの衣類とは重ねずきれいにたたんだワイシャツ同士を重ねるようにしましょう。

ワイシャツの襟を重ねない

ワイシャツ同士を重ねて収納する際、襟の部分が重ならないよう向きを交互にして重ねましょう。

このように収納する理由は以下の通りです。

襟部分は厚みがあるので、上下交互に重ねることで厚みを一定に保つことができます。

同じ向きで重ねると襟側ばかり厚みが出るためにかさばってしまううえ、下に入れたワイシャツの襟が潰れやすくなります。

アオヤマジャーナル ーより引用

ワイシャツ用のラックやA4のトレーに収納する

ワイシャツ専用の収納アイテムを使えば、シワや型崩れを防いできれいな状態で収納できます。加えて、見やすく出し入れしやすい点も魅力的です。

そのほか100均で手に入るA4サイズの書類トレーや、ケースに収納する方法もおすすめ。1枚ずつ収納すればシワになりにくく、出張や旅行などでワイシャツを持ち運ぶ際にも便利です。

ワイシャツのシワは少しの工夫で簡単に防げます。シワのないワイシャツは清潔感があり好印象を与えられるでしょう。本記事のアイディアを参考に、ワイシャツを上手に収納してみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典 アオヤマジャーナル
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル