top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

aiko「相思相愛」は『名探偵コナン』の“ラブコメ”を象徴する曲に 歴代主題歌で描かれた登場人物の恋模様

Real Sound

 まず、同曲のタイトルについて。これまでも劇場版の主題歌にラブソングが起用されることはあったが、これほどまでに直球のタイトルの曲は珍しい。「相思相愛」とは両想いを意味する言葉で、両想いの関係性が数多く描かれている『コナン』シリーズの真髄を射抜いたタイトルである。この言葉そのものは同曲の歌詞の中には出てこないが、歌い出し、および、サビの〈あたしはあなたにはなれない なれない/ずっと遠くから見てる  見てるだけで〉という一節は、まさに、「相思相愛」でありながら両想いに至ることができない切実な関係性を見事に言い表した言葉であると思う。

 特に、誰かを好きになる気持ちを憧れや敬意のようなものに見立てて、その上で自分と相手を比べつつ、〈あたしはあなたにはなれない〉と表す点には、aiko独自の筆致が色濃く表れているように感じる。タイトルこそ直球であるが、やはりaikoが綴るラブソングには底知れぬ奥深さが宿っていると改めて思う。そして、そのあまりにも深い恋心が、軽やかに躍動するメロディラインと軽快なポップサウンドに乗せて歌われる振れ幅こそが、この曲の素晴らしさだ。

 なお、同曲は、平次と和葉だけでなく、すでに恋人同士である新一と蘭、また、キッド(黒羽快斗)と中森青子をはじめ、様々な登場人物の関係性に重ね合わせて聴くことができる普遍性を帯びている。もちろん、映画から独立した一つのラブソングとして聴くこともできる楽曲で、映画の大ヒットという追い風を受けながら、この曲が広く長く愛されていく予感がする。映画をすでに観た人もそうでない人も、ぜひ、aikoが綴った一つひとつの言葉に耳を澄ませながら聴いてみてほしい。

(文=松本侃士)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル