top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【漫画】AIが全ての物語を描き尽くした世界で、創作を続ける意味はーー作家の葛藤を描いたSNS漫画に反響

Real Sound

『AIが全てを描き尽くした話』より

 2024年3月にXで投稿された漫画『AIが全てを描き尽くした話』は、多くのコメントが寄せられるなど話題を呼んでいる作品だ。

(参考:漫画『AIが全てを描き尽くした話』を読む

 技術の発展からAIが漫画を生成するようになった時代で、漫画創作をつづける主人公。時間をかけて描いた作品をSNSに投稿したものの、多くのネガティブなコメントが寄せられてしまう。しかし中には主人公の感情を揺さぶるコメントもありーー。

 本作の作者・なまくらげさん(@rawjellyfish)も数多くの作品をSNSに投稿している人物である。本作を創作したきっかけ、創作をつづける背景など、話を聞いた。(あんどうまこと)

ーー本作には多くのコメントが寄せられています。印象に残っているコメントは?

広告の後にも続きます

なまくらげ:「研究者みたいな世界観」だと感じてくださった方がいらしたことが印象的でした。0から1を生み出す創作者と、まだ未発見の真理を探究する研究者。たしかに両者は似ているかもしれません。AIには是非、研究分野で創作性を発揮してほしいですね。

ーー本作を創作したきっかけを教えてください。

なまくらげ:少し前に創作仲間の友人たちと生成AIについて話し合った事がきっかけです。AI技術が発展する中での創作の意義を考えるいい機会になり、本作の出発点となっています。

ーーなまくらげさんが生成AIに対して思うことは?

なまくらげ:新しい技術は基本的には歓迎されるべきものだと思いますが、それに見合った倫理観やリテラシーが醸成されていないと、どうしても不和が生じてしまいます。

 マイナス面を最小限にしつつ、メリット面が社会全体に利益をもたらすよう、昨今の問題に落とし所が見つかることを祈るばかりです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル