top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平出場の試合で乱闘寸前の事態 両軍選手がグランドに殺到 松井裕樹もブルペンから参加

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース-パドレス(4月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)

 ドジャース大谷翔平投手が「2番・DH」で出場した試合で、両軍の選手たちがベンチ、ブルペンから全員飛び出す乱闘寸前の事態となった。

【映像】大谷翔平、松井裕樹も駆けつけた!乱闘寸前のシーン

 両軍の選手、スタッフが総出となる乱闘寸前のシーンは5回1死から。パドレスの5番プロファーに対して、ドジャースの先発ストーンが内角高めに厳しい球を投げ込んだところ、これにプロファーがクレーム。ドジャースの捕手スミスと言い合いになると、徐々に2人はヒートアップ。球審が間に入ったことでつかみ合いにこそならなかったが、守っていたドジャースの野手、続いてドジャースとパドレス両軍のベンチやブルペンから次々と選手が集まった。

 DHでベンチにいた大谷、さらにブルペンで待機していたパドレス・松井裕樹も駆けつけ、一時球場全体は騒然とした雰囲気に。大谷と松井の2人は、もみ合いの中には深く参加はせず、2人で視線を合わせて笑いあうシーンも見られていた。殴り合いのような最悪のシーンにはならなかったが、その後はプロファーに対してドジャースタジアムのファンからは大ブーイング。プロファーはセンターフライに倒れると、大歓声が起きていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル