top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

K-POPの“聴きやすさ”重視のトレンドがグループの真価をより総合的なものに ILLIT『SUPER REAL ME』評

Real Sound

ILLIT『SUPER REAL ME』

 LE SSERAFIM、NewJeansに続くHYBE傘下の5人組ガールグループ、ILLIT。サバイバル番組『R U Next?』から誕生した彼女たちが、3月25日に1stミニアルバム『SUPER REAL ME』をリリースしてデビューを果たした。デビュー前から注がれていた期待に応えるように国内外で好成績を残し、韓国ではガールグループのデビューアルバムの初動新記録を達成しているほか、米ビルボードが集計するグローバルチャート(グローバル200)のトップ10入りも果たした。日本でもオリコン週間アルバムランキング(2024年04月08日付)で3位にランクインするなど注目を集めている。

(関連:【動画あり】ILLIT「Magnetic」ミュージックビデオ

 そんなデビュー作『SUPER REAL ME』だが、リード曲の「Magnetic」を含めた4曲はいずれも4つ打ちで、よくいえば統一感のある、言い方を選ばなければ平坦な仕上がり。K-POPのミニアルバムでは比較的よく聴かれる、スローなバラードを交えて歌唱力の聴かせどころをつくったり、あるいは明確な物語を中心に据えるようなコンセプト志向をとったりすることはせず、ウェルメイドなポップソングを手堅く揃えたような印象だ。

 「Magnetic」はアタックのやわらかくドリーミーなシンセのアルペジオやエレクトリックピアノが高域でゆらめく一方で、ビートもベースラインもかなりソリッドで太い。リリース情報ではpluggnbとハウスのハイブリッドと形容されているが、端的に言えばウワモノがpluggnb的で、基本となるビートがハウス、というところだろう。テンポがハーフになる部分は、リードシンセのさりげなくもメロディアスな展開も含めpluggnbへの目配せになっている。

 とはいえ、そのクオリティは高いとしても、個人的にはいささか単調で、ここぞという聴きどころに欠ける印象は拭えない。むしろ、かなり意図的に耳を捉えるひっかかりをなくしていこうとしているようにも思える。アンチクライマックス的なゆるいメロディや、2小節ごとに完結して継続的なグルーヴを削ぐことで高揚感を高めすぎないビートとベースライン。サビの〈You, you, you, you……〉のリフレインの刻みにしても、ちょっと機械的でドライだ。そのシンプルさゆえに耳に残ると言えなくもないが、クセになるほどユニークでもない。フレーズ自体のひねりもなければ、ひねりのなさを魅力に昇華する大胆さもない。すべてがほどほど。このあたりに、その耳あたりの良さとクオリティに比して、こころから「Magnetic」最高! と言い切れないもやもやがある。

広告の後にも続きます

 同じことは「Midnight Fiction」にも言うことができて、あまりにもスムーズでシンプルな歌メロにクセのないアレンジが心地よくもあり、物足りなくもある。同じ4つ打ちでもファンキーな「Lucky Girl Syndrome」はディスコチックなK-POPのオーソドックスな楽しみがあるけれど、突出した印象を残すことはない。

 最近のK-POPシーンをめぐるバズワードとして「イージーリスニング」という言葉がある。このトレンドを紹介する記事では、NewJeansやFIFTY FIFTY、BOYNEXTDOOR、RIIZEといった比較的新しい世代のグループが中心的に紹介されているが、厳密な定式があるわけではない(※1、※2)。それでもその言わんとするところは伝わったのか、ファンのあいだでも頻繁に使われるラベルになった。あえて言えば、K-POPが売りにしてきた大胆な展開や印象的なフックから距離を置き、また同様に物語やコンセプトを重視する傾向からも離れて、リスナーを没入させると言うよりはライトに楽しめるように意図された作品のことだ。つまり特定のスタイルや雰囲気(たとえば少し前の流行り言葉なら、「チル」とか)というよりは、楽曲がどのように設計されているかの問題だ。

 『SUPER REAL ME』はまさしく「イージーリスニング」的に設計されているように思える。かつ、それはかなりの程度成功をおさめている。クオリティも高く、結果もついてきている。一方で、そうした成功が必ずしも音源としての興味深さと結びつくわけではないという実例にもなっている。

 しかし、MVやパフォーマンス動画を見ると楽曲の印象とはまるで違う、フィジカルを強調するきびきびとしてアスレティックなパフォーマンスを披露している。活力あふれるパフォーマンスは音源の単調さを補って余りある華があり、音源、アートワーク、MV、そしてパフォーマンスまでをトータルで味わわなければそのグループの真価を味わうことができないのだということを改めて確認させてくれる。

※1:https://www.donga.com/jp/article/all/20230802/4329826/1
※2:https://www.kbsworld.ne.jp/entertainment/view?blcSn=64939

(文=imdkm)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル