top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

デイリー新潮に「国賠訴訟で東京都に勝訴した『暇空茜』インタビュー」掲載 「今回の勝訴を大手マスディアが一切スルー」

ガジェット通信

2024年4月12日、「デイリー新潮」に

「陰謀論者と言われる理由はわかりますが…」国賠訴訟で東京都に勝訴した「暇空茜」インタビュー「世間の批判にすべて答えます」
https://www.dailyshincho.jp/article/2024/04120601/[リンク]

というインタビュー記事が掲載された。

3月26日、ゲームクリエイターで作家の暇空茜さんが東京都と小池百合子都知事を相手取った国賠請求訴訟で勝訴。Twitter(X)では「国家賠償請求訴訟」がトレンド入りするなど大きな反響を呼んだものの、大手マスメディアは全く取り上げないという状況が物議を醸していた。

参考記事:
暇空茜さんが東京都と小池百合子知事に勝訴! 「国家賠償請求訴訟」がトレンド入りもメディアはスルー?
https://getnews.jp/archives/3516673[リンク]

広告の後にも続きます

今回のインタビュー記事でも、そのことについても触れられており、暇空さんは

でも今回の勝訴を大手マスディアが一切スルーしたことから見て取れるように、結論だけでイメージ操作ができてしまう。都合のいい判決は出すし、良くないものは出さない。僕はこれこそが左翼の手法だと思う。

等語っている。

昨年もインタビュー記事が

昨年2023年にも、暇空さんへのインタビューを行っていたデイリー新潮。

関連記事:
デイリー新潮にColabo問題追及の暇空茜さんのインタビュー記事掲載 江川紹子さんは「ネット界におけるウクライナVSロシアの戦争」との見出しに苦言
https://getnews.jp/archives/3372548[リンク]

デイリー新潮「仁藤夢乃氏も『キモい』と感情を爆発させながら、一歩も引かない構え」Colabo問題の法廷闘争を報じる
https://getnews.jp/archives/3391833[リンク]

今回、前編・後編でかなりのボリュームとなっているようである。興味のある方、ご覧になってみてはいかがだろうか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル