top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

イラン、ドローンや弾道ミサイルで直接攻撃を実施 イスラエル側は報復を明言

ABEMA TIMES

 イランがイスラエルに対し、ドローン攻撃機や弾道ミサイルを使った史上初めてとなる直接攻撃を実施しました。イスラエル側は報復を明言しており、地域情勢のさらなる悪化が懸念されます。

【映像】サイレン音と爆発音が鳴り響くエルサレム

 イラン革命防衛隊は14日の声明で、シリアにある大使館への空爆の報復として「ミサイルやドローンを用いて、イスラエル軍の拠点を攻撃した」と発表しました。

 イスラエル軍によりますと、発射されたミサイルとドローンの数は200以上に達したとしていて、エルサレムではサイレン音と爆発音が鳴り響くと共に、上空では迎撃に伴う大きな炎が確認されました。

 イラン側は、発射したミサイルの半数以上が目標に命中したと主張していますが、イスラエル軍によりますと、そのほとんどは迎撃システム「アロー」を使って、支配空域の外で撃墜したとしています。アメリカ軍やイギリス軍の軍用機が、シリアとヨルダンで迎撃に協力したとの報道もあります。

広告の後にも続きます

 イスラエル軍はこれまでの被害として、南部でイスラエル人の少女1人がけがをしたことと、軍施設1カ所で軽微な被害が出たとの報告があると発表しています。

 イランの国連代表部は「この問題は終結したとみなすことができる」とSNSに投稿しました。「イスラエルが再び過ちを犯すようなことがあれば、イランの対応はかなり厳しくなるだろう」と警告しています。

 一方、イスラエル側は報復を明言しており、事態がエスカレートしていく懸念が高まっています。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル