top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何が起きた…? 大谷翔平、パドレス・松井裕樹をビビらせた瞬間 初球を見送った後の“表情”にファン騒然 「雰囲気ヤバい」「貫禄勝ちだな」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース7-8パドレス(4月10日・日本時間11日/ロサンゼルス)       

4月12日(日本時間13日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、ドジャース・大谷翔平とパドレス・松井裕樹が披露した緊迫の真剣勝負が、野球ファンの間で注目を集めている。

ドジャースの先発・山本由伸が初回からいきなり先制点を奪われるというところからスタートしたこの試合は、その後、強力打線で知られる両チームによる“空中戦”の様相を呈すことに。その後、一時はドジャースが7-3とリードしたものの、パドレスも懸命に追いすがり、ついに7回表の攻撃でタティスJrの2ランで7-7の同点に。そして迎えた7回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で、打席に立ったのは2番の大谷。

パドレスの3番手として、この回からマウンドに上がり、1番ベッツをスプリットで空振り三振で打ち取り、好調大谷の前に走者を出さないという第1関門をクリアした松井であったものの、続く大谷に対しては、初球、やや内寄りのスライダーで見逃しを奪ってカウント0-1と、ストライクを先行させるも、続く2球目に投じた内角高めのストレート、3球目の外角低めへと外れたスプリットを見られてカウント2-1に。そして勝負の4球目、ほぼ真ん中に甘く入ったスプリットを、大谷は見逃さずに振り抜くと、打球は瞬く間に低い弾道でライトの右を破る鋭い一打に。ライトのタティスJrが全力疾走で追いつき、慌てて打球を処理するも、大谷は悠々二塁へと到達することとなった。

広告の後にも続きます

松井といえば、石橋貴明のスポーツバラエティ『緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。』(4月2日放送/ABEMA)の中で放送されたキャンプ中のインタビューVTRで、石橋から大谷対策を訊ねられると、「(対策は)練ってないです。」としつつ、MLBに移籍したことで、「ちょっと曲がり球の中で1個、大きめのスライダーをちょっと練習してるんですけど。日本のときは使ってなかったんですけど。ちょっと練習して、感覚は良くなってきたんで、それをちょっとイケるかなって思ってます」と、日本時代の球種に新たに1つ加える形でスライダーを習得し、既に相応の手応えがあることを示唆していたが、今回の大谷との対戦でスライダーを投じたのは初球のみ。その初球を大谷が余裕を持って見送ったことで警戒したのか、それ以降は投じないままに、大谷に長打を許すこととなった。

こうした大谷 vs 松井の緊張感あふれる対決に、ネット上の野球ファンも大興奮。「甘い球とはいえすげえw」「松井、緊張しまくってたっていうこと?」「なんか松井が警戒しまくってる感じしたわ」「最初のスライダー見送った時の雰囲気で、もう打たれそうな感じしちゃうもんな」「なぜかベッツに対しての方が余裕を感じたわ」「まあ、ピッチクロック問題もあるやろね」「大谷相手に勝負を急がないといけないというのは無理ゲーすぎるわw」「貫禄勝ちだな」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル