top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

球場騒然! 大谷翔平、打席に立った瞬間からヤバすぎる カモってる相手投手がビビって思わず失投… ファン騒然「もう投げるとこない」「ボール球だろ」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース7-8パドレス(4月10日・日本時間11日/ロサンゼルス)       

4月12日(日本時間13日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、ドジャース大谷翔平が放ったセンター左への今季第4号について、元MLBの野球解説者・川崎宗則氏が言及した。

0-2、2点のビハインドで迎えた1回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で、大谷はカウント1-0からの2球目、外角高め、ボール気味のコースへと投じられたストレートを見逃さずに仕留めると、打球はセンター左、左中間やや右寄りの方向に向って高々と舞い上がる大飛球に。スタジアムに大歓声が巻き起こり、パドレスのセンター、メリルが懸命にこれを追いかける中、大谷の放った打球はメリルの頭上を追い越すように伸びると、そのままスタンドへと着弾。ドジャースが1点を返すことに。

大谷はこの一発で、「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井秀喜氏が持つ日本人最多本塁打記録・175本塁打に並ぶこととなったが、そんな大谷の打撃について、この日、ABEMAの中継で解説をつとめていた川崎氏は、「見事ですね。やはり(パドレス先発の)キングの投げるシンカー系は、結構、翔平さん好きですよね。それを思い切って投げました。だからホントはこのチェンジアップを(キングは)投げたいんですよ。(しかし大谷が)最近クリケット打法で、あのチェンジアップを上手く拾ってホームランにするから、1球速い球見せようかなって思った、それを見逃しません。」と、打った球はいわゆる逆球で、投手目線では失投ではあったものの、そもそもこうした球を投じる羽目になったのは、このところ取り入れている“クリケット練習”の効果もあって、大谷がチェンジアップを上手く打つようになったことが要因であるとコメント。

広告の後にも続きます

また、同様にネット上の野球ファンからは「見せ球が見せ球として機能しないという事実wwww」「これボール球だろ?」「あそこ打たれたらもうどうしようもないわなw」「もうどこに投げろっていうんだよwww」「ちょっと前まであそこも飛ばなかったのにな…恐ろしいwww」「チェンジアップもようけ打ちよるしな。もう投げるとこないわw」「アウトマンもよくなったし、みんなもうクリケットバットで練習やれよw」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル