top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

天下布武!藤井聡太竜王・名人擁するチーム中部が初代王者に輝く 杉本昌隆監督「本当に嬉しい」関東Bとの決勝戦制する/将棋・ABEMA地域対抗戦

ABEMA TIMES

 初代王者にふさわしい勝ちっぷりで、チーム中部が映えある地域初代最強の称号を手にした。日本全国を8つのブロックに分けた団体戦で行われる「ABEMA地域対抗戦 inspired by 羽生善治」決勝戦、関東B 対 中部が4月13日に放送された。本命同士の激突となった頂上決戦では、チーム中部の監督・杉本昌隆八段(55)の采配がここでもズバリ。選手継投から藤井聡太竜王・名人(王位、叡王、王座、棋王、王将、棋聖、21)の4連勝で関東Bを圧倒し、見事チーム中部が日本一の座に就いた。

【映像】笑顔で優勝報告するチーム中部の藤井竜王・名人

 最強メンバーを擁するチーム中部(静岡・愛知・岐阜・三重・山梨・長野・石川・富山・福井・新潟)が、全8地域の頂点に立った。本大会では、杉本監督が愛弟子の藤井竜王・名人に加えて、豊島将之九段(33)、八代弥七段(30)、服部慎一郎六段(24)とエリアを代表するトップ棋士を出場棋士として登録。メンバー間の継投に加えて、二枚看板の藤井竜王・名人、豊島九段はその実力通りの活躍ぶりを発揮し、チームの勝利をけん引した。

 もうひとつの優勝候補と目されていた関東Bとの対決となった決勝戦では、初戦で服部六段が伊藤匠七段(21)を撃破。「自分らしく頑張れた」と幸先の良い先勝を持ち帰った。続く第2局では、チーム関東Bの中軸・永瀬拓矢九段(31)に敗れたものの、中部の二番手は“八冠王”藤井竜王・名人だ。タイトル戦でも壮絶な激闘を繰り広げた「藤井VS永瀬」の好カードだが、フィッシャーでは初対戦。雁木の一局は終盤に藤井竜王・名人が放った▲9六角の一発から流れを作り、勝負を決めてみせた。

 一度波に乗ったら藤井竜王・名人は止まらない。続く第4局では増田康宏八段(26)との相掛かり戦に、第5局ではレジェンド森内俊之九段(53)を破り、あっという間にチーム勝利に“王手”をかけた。

広告の後にも続きます

 運命の第6局では、関東Bからは監督を務める渡辺明九段(39)が出陣。勝てば続投のルールから、中部は藤井竜王・名人が再び対局場へと向かった。前期の名人戦七番勝負でも激突した両名による一戦は、渡辺九段の先手で矢倉の出だしに。チームのピンチとあり、渡辺九段は絶対に負けられないという強い思いで藤井竜王・名人に襲い掛かった。ぐいぐいとリードを拡大していく渡辺九段の白星は目前。ABEMAの「SHOGI AI」もその勝利を96%まで評価し、誰もがゴールの瞬間を確信していた。が…。時間切迫の中で耐えていた藤井竜王・名人が一瞬の隙に反撃に回って、大逆転。電光石火で白星を奪ってみせた。

 優勝を決めた藤井竜王・名人は「まだ実感はないですが、チーム中部が優勝ということで嬉しく思います。参加棋士だけでなく、サポーターの皆さんの応援があってこその結果。本当にありがとうございます」とファンへ感謝の気持ちを伝えた。

 最終スコアは5勝1敗でチーム中部の勝利。天下統一を目指して戦国時代を駆け抜けた武将にあやかって付けたスローガン「天下布武!将棋の駒を持って日本一を目指す!」を、見事達成してみせた。

 メンバー選出、先発棋士登録、継投、とすべての采配を見事的中させた杉本監督は、「優勝までこれたことを本当に嬉しく思っています」と喜びもひとしおの様子。プレーヤーとして試合に出場することはなかったが、監督として、日本一を確実視されるプレッシャーと一人戦った。「メンバーの皆さんが素晴らしいので、私が足を引っ張らなければ優勝に近い活躍はしてくれるだろうなという確信はしていた」と安堵の表情をのぞかせた。

 初代優勝監督となった杉本八段は、「チーム中部は10県という幅広い地域。皆様に応援していただけたおかげで優勝することができました。各チームとしての活動はいったん解散となりますが、またこのような機会があればチーム中部として良い将棋をお見せしたいと思います」と更なる飛躍を誓った。

◆ABEMA地域対抗戦 inspired by 羽生善治 全国を8ブロックに分けた「地域チーム」によって競う団体戦。試合には監督とチームから選ばれた出場登録棋士の4人の計5人が参加可能。試合は5本先取の九番勝負で行われ、対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。試合は1試合以上出場する「先発棋士」と、チームが3敗してから途中交代できる「控え棋士」に分かれ、勝った棋士は次局にも出場する。先発棋士は1人目から順に3人目まで出場し、また1人目に戻る。途中交代し試合を離れた棋士の再出場は不可。大会は2つの予選リーグに4チームずつ分かれ、変則トーナメントで2勝すると本戦進出。ベスト4となる本戦は通常のトーナメント戦。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル