top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

美しい…『エイリアン』新作ヒロインのケイリー・スピーニーとは

シネマトゥデイ

映画『プリシラ』でのケイリー・スピーニー

 8月16日に全米公開を控える映画『エイリアン』シリーズ最新作『エイリアン:ロムルス(原題) / Alien: Romulus』でヒロインを演じているのは、注目のアメリカ人女優ケイリー・スピーニーだ。彼女のスクリーン映えする可憐な美しさと高い演技力は、現在公開中の『プリシラ』で堪能できる。

 ミズーリ州の小さな町で育ったケイリーは、『パシフィック・リム:アップライジング』のヒロイン役で長編映画デビュー。2018年はこのほか『ホテル・エルロワイヤル』『ビリーブ 未来への大逆転』『バイス』と出演作が立て続けに米公開された。そして昨年、エルヴィス・プレスリーの幼妻を演じた『プリシラ』(ソフィア・コッポラ監督作)で第80回ベネチア国際映画祭女優賞を受賞し、大ブレイクを果たすことになった。

 若さゆえの世間知らずなところと内面の大きな成長を同時に体現できる逸材として、主人公プリシラ役にケイリーを抜てきしたコッポラ監督は「プリシラと話すといつも、とても優しくてやわらかでオープンな印象を受けます。ケイリーに会った時、同じ長所を持っていると感じました」とその人となりを明かす。演技力についても「ケイリーはとても表情豊かで、人生の異なるステージを演じ分ける驚くべき能力を備えています。撮影はストーリー順ではなかったのですが、ケイリーは朝には15歳のドイツ時代、午後にはグレースランド(エルヴィスの大邸宅)で妊娠していた20代を演じ、どういうわけか、どちらも同じくらい真に迫っているのです」とたたえている。

 今年もアレックス・ガーランド監督のディストピア映画『シビル・ウォー(原題) / Civil War』に加え、リドリー・スコット監督とジェームズ・キャメロン監督も気に入っているという『エイリアン:ロムルス(原題)』と話題作への出演が続くケイリー。そんなハリウッドの注目株の魅力を先んじて堪能できる作品として、『プリシラ』は洋画ファン必見といえそうだ。(編集部・市川遥)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル