top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

本拠地が大谷翔平に…メジャー通算175号で密かに表示されていた感動的なメッセージ「誇らしい」「これは泣ける」ファン感涙

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース7‐8パドレス(4月12日・日本時間13日/ロサンゼルス)

 大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。1回の第1打席に松井秀喜氏に並ぶ日本人メジャー最多タイの175号本塁打、今季4号を左中間スタンドに叩き込んだ。ドジャースタジアムが騒然となる中、大谷は右手人差し指を突き上げてダイヤモンドを一周。その際、電光掲示板に密かに、ただ繰り返し表示されていた感動的なメッセージに「誇らしい」「これは泣ける」など注目が集まった。

【映像】快挙の大谷に向けられた感動的メッセージ

 ドジャースは先発の山本由伸が初回、パドレス4番のマチャドにいきなり2ランを許す苦しい立ち上がり。しかし、0-2と2点ビハインドで迎えた1回裏、1死走者なしの場面で回ってきた大谷が、重苦しい雰囲気を一振りで変える。

 カウント1ボールからの2球目を捉えた大谷の打球は、左中間スタンドに一直線。打った瞬間にそれとわかる放物線は、軽々とフェンスを越えていった。

広告の後にも続きます

 MLB公式データサイトの『Baseball savant』によると打球速度107.3マイル(172.7キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)の特大弾で憧れの松井秀喜氏に並んだ大谷は、誇らしげにダイヤモンドを一周。そんな中、本拠地・ドジャースタジアムの電光掲示板には、密かに大谷の快挙を祝うメッセージが何度も表示されていた。

「175 CONGRATULATIONS SHOHEI TIED FOR MOST HOME RUNS HIT BY A JAPANESE -BORN PLAYER」

 それは、紛れもなく大谷の日本人メジャー選手最多タイとなる通算175号を祝福するメッセージ。この粋なメッセージに日本のファンからは「誇らしい」「これは泣ける」などの声が多数寄せられた。

 こうしてホームに戻った大谷は、MLPトリオの一人であるフリーマンに出迎えられた。フリーマンは、バットを自らの体に立てかけ、直立。大きく喜ぶわけでもなく、ただ拍手をして大谷の記念すべき一発に敬意を表すと、ホームを踏んだ大谷と右手でタッチをかわした。

 ただ、昨季44本の本塁打を放ってアジア人初の本塁打王に輝いた大谷にとって、175本の本塁打は通過点にすぎない。松井氏が「200、300、400と数字を…」とコメントを発表したように、大谷翔平は日本人未踏の新たなスタートラインに立ったにすぎない。大谷は第3打席に日米通算1000本安打を記録した。

 過去メジャーでの6シーズンで一度もポストシーズン進出を果たせていない大谷が、2020年以来8度目のワールドシリーズ制覇を目指す常勝軍団で放つ輝きから目が離せない。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル