top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『飼い主に愛されている犬』の特徴5選 愛情不足になっている犬との違いとは?

わんちゃんホンポ

「飼い主に愛されている犬」の特徴

言葉を話せない犬が何を考えているのか、果たして自分のことを慕ってくれているのか不安に思うことがあると思います。(うちの子と会話ができたらな…)と思う飼い主さんも多いでしょう。

それでも犬は素直で感情表現が豊かな動物です。犬なりに気持ちをアピールしているのです。

そこで今回は、「飼い主に愛されている」犬に見られる特徴について解説します。ご自宅の愛犬にもその特徴がみられるか、ぜひ確認してみてくださいね。

1.飼い主さんをジッと見つめる

視線を感じて振り向いたら、愛犬があなたをジッと見つめていた…という経験はないでしょうか。

ほとんどの動物は視線を合わせることが苦手ですが、飼い主さんに愛されている犬はアイコンタクトを取るという特徴があります。

広告の後にも続きます

(飼い主さんは今何をしているのかな?)と大好きな人の動向をチェックしたり、「散歩に行きたいな~」と自分の要求をアピールすることも。いずれにせよ日ごろから大事にされているからこその特徴です。

2.お腹を見せてリラックスする

ゴロンとダイナミックにひっくり返り、お腹を見せる姿は本当に可愛らしいものです。犬にとってお腹は急所ですので、仰向けになりリラックスするのは信頼している人にしか見せない行動です。

無防備な姿で寛いだり眠ったりできる犬は、飼い主さんからたくさんの愛情を受けているということです。「急所をさらけ出しても大丈夫」と、全幅の信頼を寄せているのです。

3.飼い主さんの外出を落ち着いて見送る

例えば外出するとき、愛犬はどのような行動を取りますか?

飼い主さんに愛されている犬は、落ち着いて静かに見送ることができます。(なんだか素っ気ないな…)と思うかもしれませんが、あなたを信頼している証なので安心してください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル