top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

福岡空港の国内線エリアで新立体駐車場が新築・移転して4月16日オープン、収容台数は倍増【福岡市博多区】

フクリパ

来年2025年3月の第二滑走路の供用開始を1年後に控えた福岡空港では、関連施設の整備が、着実に進んでいます。今年2024年4月16日、国内線ターミナルエリアにおいても新たな立体駐車場がオープンします。

現駐車場隣に8層9段・1,617台収容の新立体駐車場が開業

画像提供:福岡国際空港

 

福岡空港を運営する福岡国際空港株式会社が、国内線ターミナルエリア内で建設していた新しい立体駐車場が完成し、2024年4月16日にオープンする。
現行の国内線駐車場隣に建設していた新駐車場は8層9段構造の9階建て、高さは約27メートル。
延べ床面積で約4万5000平方メートルとなる新国内線立体駐車場の収容台数は、現行の約2倍となる1617台であり、うち17台分を身障者専用駐車スペースとして確保する。

 

広告の後にも続きます

 

建物の外装は、地元を代表する伝統工芸品である博多織をイメージしたという。
また、駐車場の各フロアは、色や福岡にちなんだイラストで識別できるようにしている。
新駐車場の2階はイチゴ、ターミナル連絡階である3階は飛行機、5階は福岡県花の梅、8階にラーメンを描くなどの創意工夫を凝らす。
デザイン監修は、梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・西日本技術開発共同企業体が手掛ける。

 

 

現駐車場跡に商業・オフィス・ホテル・交通機能を備えた複合施設

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル