top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

リーグ初優勝へ崖っぷちのデンソー「試合内容は僅差ではなかった」…大黒柱ファウルアウトもHC「ありうること」

バスケットボールキング

リーグ初優勝へ崖っぷちのデンソー「試合内容は僅差ではなかった」…大黒柱ファウルアウトもHC「ありうること」(C)バスケットボールキング

 4月13日、Wリーグの年間王者を決める「京王 presents Wリーグプレーオフ 2023-2024 ファイナル」の第1戦が武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、富士通レッドウェーブ(レギュラーシーズン1位)が64-57で先勝。初優勝を目指すデンソーアイリス(レギュラーシーズン2位)は一つも負けられない崖っぷちに追い込まれた。

 試合立ち上がりの第1クォーターはスコアこそ16-16のタイだったものの、ターンオーバー4本を記録するなど、富士通の堅守に苦戦。大黒柱の髙田真希はファウルトラブルに陥り前半わずか2得点2リバウンドに抑え込まれ、4点ビハインドの32-36で折り返した。前半からチームを鼓舞していた馬瓜エブリンは、後半も精力的な動きを見せ、この試合最多の21得点を記録。8点ビハインドで突入した第4クォーターには赤穂ひまわりの3ポイントなども決まり、一時2点差まで追い上げたが、残り3分を切ったところで髙田がファウルアウト。最後は追い上げ及ばず、富士通に振り切られた。

 デンソーの指揮をとるヴラディミール・ヴクサノヴィッチヘッドコーチは、試合後の会見で「シンプルです。富士通の方が勇敢に戦ってきた結果」と、試合を総括。攻守両面でアグレッシブなプレーを見せ続けた富士通の試合運びに言及し、「点差だけ見れば接戦だったかもしれないですが、ゲーム内容としては僅差ではなかったと思います。重要なリバウンドを富士通がとっていたし、大きな一本を決めるのも富士通だった。富士通の方が勇敢だったと思います。それが今回の7点差につながったと思います」と悔しさを滲ませた。

 また、“勇敢に戦えなかった理由”を問われると、「これまでの私たちの試合を振り返ると、序盤に奪ったリードを守り抜くような戦いが多かったですが、今日の試合は富士通がしっかり対応してきて、私たちはそれに対して対応しきれなかった」と分析。髙田がファウルトラブルに陥ったことについては、「一番経験ある選手を失って戦うことになることは予想していなかった」と率直な思いを明かしつつ、「他の選手も信用しているし、そのせいで負けたわけではない。バスケットでは普通にありうること」ともコメントした。

 明日の第2戦へ向けて、「次の1敗は自分たちにとってシーズン終了を意味する。もう失うものは何もない。自分たちも勇敢に戦っていかなきゃいけないし、オフェンスも遂行力を持って戦っていかなきゃいけない」と引き締めた指揮官。「明日までそんなに時間はないが修正する時間はあるし、点差はそこまでない。40分間同じペースで戦えれば」と前を向いた。

広告の後にも続きます

 富士通が連勝で16年ぶりの優勝を決めるのか。初優勝を目指すデンソーが逆王手をかけるのか。注目のファイナル第2戦は14時ティップオフ予定。試合の模様はNHKBSで生中継、バスケットLIVEでライブ配信される。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル