top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

重い障がいをもつ子どもたちが「海の生き物」とふれあい

ABEMA TIMES

 重い障がいがあり遠くへの外出が難しい子どものために、海のない栃木県に江の島の深海から珍しい生き物が“出張”してきました。

【映像】「海の生き物」とふれあう子どもたち

 緊張した表情で子どもたちが触っているのは、深海に生息する「オオグソクムシ」です。人工呼吸器やたんの吸引などが常に必要な「医療的ケア児」や、重い障害を抱える子ども、そしてそのきょうだいに楽しんでもらおうと、新江ノ島水族館から移動水族館がやってきました。

 会場となったのは、障がいを持った子どもとその家族を支援する、栃木県宇都宮市のNPO法人です。

 障害を持つ子どもたちの外出には薬だけでなく、人工呼吸器やバッテリーなど様々な機器を持ち運ぶ必要があります。また、駐車場やトイレも車いすが使える広さが必要で、ちょっとした「お出かけ」もハードルが高いといいます。

広告の後にも続きます

「重症なお子さんであればあるほど、いろんな経験を積む機会がないんですよね。経験値ゼロを1に増やしていくことが、お子さんの成長と豊かな生活につながっていくと思って、こういう活動を続けてます」(認定NPO法人うりずん理事長・高橋昭彦さん)

(ANNニュース)

※高橋昭彦さんの高は正式には「はしごだか」

 
   

ランキング

ジャンル