top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「日本の野球界にとっても大きいこと」 大谷翔平、日米通算1000安打&松井秀喜に並ぶ美しい175号本塁打

J-CASTニュース

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手は2024年4月12日(日本時間4月13日)、サンディエゴ・パドレス戦に2番・指名打者(DH)で先発出場。2点を追う初回、第1打席でレフトへの第4号ホームランを放った。

これでメジャー通算175号本塁打となり、松井秀喜さんの持つ大リーグ日本人最多通算本塁打の記録に並んだ。5回には2塁打を放ち、日米通算1000本安打に到達するなど、今日の大谷はメモリアルデーとなった。

第4打席で松井裕樹投手と対戦、ライトへの2塁打

初回の大谷の第1打席、カウント1-0から、外角高めの球を振りぬき、レフト方向へ美しい放物線を描いてスタンドイン。3試合ぶりのホームランとなる今シーズン第4号となった。ここで、日米通算1000安打まで残り「1」とした。

2回の第2打席はカウント1-2からセンターライナーに倒れるも、歓喜の瞬間は4点リードで迎えた5回。

先頭打者で打席に立った大谷の第3打席はカウント1-0から、外角低めのスライダーをとらえて打ち上げ、これがレフト線近くに落ちる2塁打に。これで日米通算1000安打を達成した。

7回の第4打席は、今シーズン(24年シーズン)からパドレスに所属する松井裕樹投手と対戦し、結果はライトへの2塁打。9回の第5打席はセンターライナーに倒れたが、5打数3安打1打点の活躍。

連続試合安打を「8」に伸ばすとともに、今シーズン8度目のマルチ安打もマークした。打率は.353とした。

「これからもどんどん記録を伸ばして欲しい」

広告の後にも続きます

試合後のインタビューでは、大リーグ日本人最多の通算本塁打に並んだことへの気持ちを聞かれ、大谷は

「率直にうれしいですし、個人的にもうれしいですけれども、日本の野球界にとっても大きいことではないかと思います」

と話していた。

Xでは、「松井秀喜さんも凄かったし2人の成績は比較出来ませんが大谷選手にはこれからもどんどん記録を伸ばして欲しい。」、「大谷さんはメジャーで何本ホームラン打つんだろうな~」、「大谷さんのレフト方向へのホームランは好調の証。」と、大谷のさらなる活躍への期待が高まっている。

この日登板した山本由伸投手は、5回3失点。

試合は延長戦の末、8対7でパドレスが勝った。

 
   

ランキング

ジャンル