top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ゆかり」で有名な三島食品の”衝撃の新商品”がSNSでも大きな話題に。ユニークな商品名の誕生秘話、聞いちゃいました。

東京バーゲンマニア

今、「ゆかり」で知られる三島食品から新たに誕生したふりかけ「しげき」がSNSで話題です。2024年4月10日現在、「お迎えしました」と商品の写真をアップした投稿には、2万7千件ものいいねがついています。

「渋い」
「名前のセンスがめっちゃ良いなぁ」
「このネーミングセンスほしい」
「誰よその男!!!!」

Xにはこのようなコメントが寄せられていて、ユニークな商品名に多くの人が心を掴まれている様子。

そこで今回、三島食品の広報担当者に商品誕生の裏側を聞きました。

個性豊かな商品名はこうして生まれた!

広告の後にも続きます

1月29日に発売した新商品「しげき」は、大根葉、京菜、わさび葉の3種の青菜をわさび味に仕上げた、刺激的な味わいのふりかけです。

商品誕生のきっかけは、業務用の商品として長年販売している「わさびごはんの素」が好評だったことだそう。家庭用の商品として販売できないかと開発が進められ、商品化が実現しました。

「あかり」や「かおり」、「ひろし」など、古風でユニークな商品名が特徴の三島食品のふりかけ。一体、どのような企画会議が行われているのか気になりますよね。

混ぜごはんの素「ひろし」

広報担当によると、商品の中身が完成したあとに商品名を考えているのだとか。商品名のインパクトがとても強いため、この答えは意外でした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル