top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平、4号ソロが“規格外”なワケ 「量産体制に入る」プロお墨付きも“見た目と飛距離”のギャップに「軽く振ってるのに…」「完全ボール球をw」ファンは困惑

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース7‐8パドレス(4月12日・日本時間13日/ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。1回の第1打席に3試合ぶりとなる今季4号を左中間スタンドに叩き込み松井秀喜氏の持つ日本人最多のメジャー通算175号本塁打記録に並んだ。外角の際どい真っすぐをうまくバットに乗せた一打は、ぐんぐん伸びて左中間スタンドへ。あまりに力感のないスイングとはかけ離れた特大の一発にファンは困惑も、プロ目線では納得の一打。「量産体制に入る」とのお墨付きまで飛び出した。

【映像】軽く振ったのに“飛びすぎ”通算175号

 0-2と2点ビハインドで迎えた1回裏1死走者なしの場面でこの日の第1打席を迎えた大谷。初回に2ランを被弾した山本を援護したい大谷は、カウント1ボールから2球目の真っすぐを捉えた。外角高めの見逃せばボールかという厳しい球だったが、力感なく振り抜かれたバットに乗せられたボールは左中間スタンド中段に突き刺さった。

 この規格外な一撃にABEMAファンは「軽く振ってるのに」「あっさり打つなやw」「飛びすぎでしょ」「完全ボール球をw」と困惑気味。MLB公式データサイトの『Baseball savant』によると、初球のシンカーと捉えた2球目の真っすぐはいずれもストライクの枠外だった。それを軽々と打球速度107.3マイル(172.7キロ)、飛距離403フィート(約122.8メートル)の特大弾にした大谷の一打に解説の糸井嘉男氏が「打った方向も完璧」と唸ると川崎宗則氏も共感。さらに「シンカー系は翔平さんは好き。本当はチェンジアップを投げたいのですが、最近はクリケット打法でチェンジアップをうまく拾ってホームランにするから、一回速い球を見せようかなと思ったそれを見逃しません」と脱帽した。

広告の後にも続きます

 さらに左中間方向へのホームランについて聞かれた糸井氏は「これ量産体制に入りますよ」ときっぱり。8戦4発となった大谷の爆発に太鼓判を押した。第3打席で日米通算1000本安打を達成した大谷は、この試合を終え打率.353、OPS1.098と量産体制はもちろん、覚醒モードに突入した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル