top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

YouTuberは面白いか? 千鳥・大吾の見解に、ネットから「確かにそう」「納得」の声

yutura

4月12日放送の『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)にて、霜降り明星の「粗品」(登録者数191万人)や、お笑いコンビ・千鳥らが「YouTuberは面白いかどうか」について、トークを展開しました。

霜降り・粗品は「芸人至上主義」

番組内で「最近、YouTuber認められてきて」と切り出した粗品は「YouTuberおもんないっすよね?」「YouTuber面白いと思ってるか、面白くないと思ってるか聞きたいです」と話題を振ります。

粗品は、お笑い芸人でありながら、YouTubeでも190万人以上の登録者数を獲得する人気を博しており、「YouTuberは全員おもんないやろ!」「1人もおもんないよ」と、 YouTuberを見下す発言をして話題になったこともあります。

お笑い芸人の粗品にとって、「YouTuberと面白さが一緒」と言われるのは許せないとのこと。自身は「芸人至上主義」だといい、「芸人やのに『YouTuberおもろいやん』って言ってるやつ、めっちゃ嫌い」と言い放ちます。

TVer

芸能人はYouTuberをどう思っている?

話を振られた千鳥・ノブは「オープニングトークとかも、面白くはない」としつつ、これが世間に受け入れられており「この“仲間感”が良いんだなということは思う」と語ります。

広告の後にも続きます

相方の大吾は、YouTuberの中にも「おもろい奴がおれば、おもんない奴もおる」と前置きし、 芸人との違いについて「わしらは舞台に立ってた」と発言。舞台では「千鳥だけを見に来てない」ような、

違う芸人を見にきてる人を、わしらは笑かしてた

のだといい、

じゃないと、芸人は売れへん

と話します。全てのお客さんが笑えるようなトーク力を、舞台で磨いていたと振り返りました。

そんな芸人に対し、「あの人ら(YouTuber)は、自分だけ見に来る人を笑かしにいくから」「“笑かし方”の戦い方が違う」と発言。「それを見てるやつ(視聴者)はおもろいんやろうけど、わしらから見たら」「おもろないよな」とコメントしました。

この意見に、共演者らは「なるほどな」「そうですね」と納得し、粗品も「めちゃくちゃいいやん」と感服。ネット上でも「確かにそう」「これほど納得する答えなかなかない」「1万回くらい頷いた」といった意見が寄せられ、

誰が見てもおもろいのが芸人 一部の界隈から支持されるのがYouTuber

舞台からスターになった人って面白さ別格なんよな

と共感の声が集まっています。

TVer
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル