top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『怪獣8号』X全世界リアルタイム配信の狙いとは アニメ制作の想いと“KAIJU”文化をPに聞く

Real Sound

『怪獣8号』©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

 『少年ジャンプ+』で連載中の大人気漫画『怪獣8号』がアニメ化され、4月13日23時より放送がスタートする。最新鋭の装備を備えた防衛隊と、無慈悲に襲いくる怪獣とのバトルを描いた本作は、アニメーション制作に『攻殻機動隊』シリーズのProduction I.G、怪獣デザイン&ワークスに『新世紀エヴァンゲリオン』のスタジオカラーが参加。スタッフクレジットを一覧するだけで並々ならぬ本気度が伝わってくる。

参考:『怪獣8号』第1話先行カット&あらすじ 日比野カフカが防衛隊員を志す市川レノと出会う

 そうした作品制作にかかる本気度と同等の衝撃を与えたのが、前代未聞のX(旧Twitter)での全世界リアルタイム配信企画だ。日本でのテレビ放送と同時刻に、世界中の誰もがXで作品を観ることができるというのは、日本のアニメ業界にとって未知のインパクトとなるに違いない。そこでリアルサウンド映画部では、TOHO animationの武井克弘プロデューサーにインタビュー。『怪獣8号』がどのような想いでアニメ化されたのかに迫った。

■アニメ化の1番のモチベーションは「原作をもっと広めたい」

ーー『怪獣8号』のアニメ化にあたり、Xで全世界リアルタイム配信されることに衝撃を受けました。非常に珍しい試みになると思いますが、狙いはどこにあるのでしょうか?

広告の後にも続きます

武井克弘(以下、武井):結構思い切ったことをしているという自覚はあります(笑)。実はビジネス的な狙いによるものではなくて、作品が多くの方に観ていただけることが1番いいのではないか、という“想い”によるところが大きいです。むしろビジネス的にはデメリットになる部分もあるとすら思っています。放送や配信の権利を買っていただいている業者さんからしたら、「なんでそんなことしちゃうかなあ」と思われるでしょうから。

ーー意外な回答でした。

武井:そもそも僕が原作をお預かりしてアニメ化する時の1番のモチベーションは、「見て見て! ここにすごく面白い漫画があるんだよ!」という感じで、とにかく1人でも多くの人に原作の存在を知ってもらいたい、というところにあるんです。『怪獣8号』はもちろんすでに大人気漫画ではありますが、もっと広めたいと考えたら、Xの企画は有効だと思いました。加えて、原作は連載開始当時から海外の人気がすごくて、そもそも世界中のお客さんに読まれている作品です。それは「MANGA Plus by SHUEISHA」という海外向けマンガ誌アプリのおかげで、そういった原作の“届け方”の部分も含めてアニメで再現したいと考えたんです。

ーーそうした海外のファンも含め、“同時に視聴する”ということに大きな意義があるように思います。

武井:例えば『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送される『天空の城ラピュタ』は、もはやX(Twitter)とセットで観ることが楽しさの一つですよね(笑)。そういう楽しい見方を、今回はXだけで完結できてしまうわけなので、ぜひその手軽さを楽しんでほしいです。コロナ禍では映画館も閉まってしまい、映画業界としては大変な事態でした。それでも徐々に規制が緩和されてくるとともにお客さんが戻ってきていただけたのは、やっぱり皆さんが“繋がり”を求めているということもあると思います。みんなで一緒に同時に観るという経験はやはり代え難いんだなと感じ、映画会社の人間としてもそうした経験を大事にしたいと思いました。

ーーとても楽しみです。余談ですが、『天空の城ラピュタ』の「バルス!」的な同時に盛り上がるポイントはあるんですか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル