top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何が起こった…!? 大谷翔平、もはや意味不明すぎる 突然バットが出てくる“異常な速さ”のスイングスピードにファン騒然 「化け物だな」「打撃はパワー」

ABEMA TIMES

【MLB】ツインズ2-4ドジャース(4月8日・日本時間9日/ミネアポリス)                

4月8日(日本時間9日)に米・ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・フィールドで行われたミネソタ・ツインズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、大谷翔平のスイングスピードの異常な速さを物語る打席が、野球ファンの間で注目を集めている。

1回表、無死一塁の場面で迎えた大谷の第1打席。大谷は上下に散らす配球をよく見てカウント2-2とすると、続く5球目、外寄り高めのストレートを狙い撃ちに。すると打球は瞬く間にツインズのセンターを守るバクストンの頭上を飛び越え、ワンバウンドしてフェンスに当たる2ベースヒットに。その後、中継ではスロー映像が流れることとなったが、その映像では、ツインズの捕手がボールをキャッチしようとする直前まで大谷のバッドのヘッドが残った状態となっており、そこから驚くべきスピードで一気にバットが振り抜かれる様子がハッキリと映し出されることに。ツインズの捕手目線では、ボールを「捕った」と思った瞬間に大谷のバットが目にも止まらぬ速さで横切り、次の瞬間には、打球がもうセンターの頭上を越えていく…といったイメージだ。

大谷はスイングスピードを上げるために、今季は打撃フォームを変えたというが、そんなフォーム改造の効果が確認できるこの場面に、ネット上の野球ファンも大注目。「化け物だなw」「たぶんボンズとかもコレだったんだろうな」「こんなん野球漫画でしか見たことないわw」「なにこのアホみたいな速さwww」「スローがスローになってないわw」「風速どのくらいなんやろな…」「打撃はパワー」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル